課題

機器の状態が可視化されていないと、飲料メーカーはディスペンサーがいつ、どのように故障したのか、最高のパフォーマンスを発揮できているのかを把握できません。

Celli Group は、ソフトドリンクや飲料水、ビールの供給機器の製造とサービスを手掛けるイタリアのグローバル企業です。同社は、モノのインターネット (IoT) を、ビジネスモデル変革のチャンスと捉え、顧客の飲料メーカーが設備をより詳細に可視化して管理できるようサポートしました。同社の使命は、飲料メーカーが最も印象深いブランド体験を提供できるようにする、そして消費者が最高品質の飲料を楽しめるようにすることです。Celli Group は IoT テクノロジーの利用により、ビールやソフトドリンクを提供するスマートな販売機、ポンプやタップを開発し、飲料メーカーに販売するのではなくリースすることを目指しました。同社はこのようなコネクティッド・プロダクツを利用して、販売時点の機器や飲料に関するデータを収集しています。Celli Group は、このデータによって付加価値サービスを強化し、在庫管理の最適化や品質管理の強化などに活用できる有用なインサイトを顧客に提供しています。

飲料業界を変革

消費者がバーで生ビールやソフトドリンク、スナック、清涼飲料水を注文する段階は、長きにわたるサプライチェーンの最後のステップです。大手飲料メーカーは、地域の市場に合わせて製造業者からタップや冷却器などのドリンクディスペンサーを購入し、世界各地のバーや醸造所、レストランに提供しています。しかし、多くの飲料メーカーは、サプライチェーンにおける販売時点の「最後の瞬間」を把握できていません。飲料の品質に影響する要素や消費者が求める飲料など、重要な情報を取りこぼしています。また、機器の状態が可視化されていないと、ディスペンサーがいつ、どのように故障したのか、最高のパフォーマンスを発揮できているのか把握できません。そのため、多くの飲料メーカーが、飲料の品質管理や機器の稼動時間の確保、効率的な在庫管理に苦労しています。

革新的で強力な IoT ソリューションを実現

Celli Group は、ビジョンを具現化するために業界トップクラスの IoT パートナーが必要であると最初から認識していました。主な顧客は飲料を扱う大規模な多国籍企業であるため、世界全体に展開できる最大限の拡張性を必要としていました。同社は、顧客と自社の双方にとって、最高クラスのデータセキュリティとプライバシーが不可欠であると理解していました。顧客の既存のインフラと簡単に統合できることが求められるため、オープンで柔軟なソリューションも重要でした。ソリューションには、顧客が迅速に分析情報を利用しビジネス成果の促進に注力できる使いやすさが求められました。Celli Group は、コーディングの経験がなくても市場投入までの期間を短縮できるように、設定の容易さも求めていました。

マイクロソフトと PTC は、すぐに理想的な IoT パートナーとしての関係を築くことになります。Celli Group はマイクロソフトの Azure IoT と PTC の ThingWorx を活用し、コネクティッドな飲料供給システムである IntelliDraught を開発しました。IntelliDraught は、製造された機器やすでに設置されている機器をスマートデバイスに変貌させて、飲料が供給される場所のインサイトを取得し、飲料業界の顧客の品質、販売、サービス、在庫管理を向上させるシステムです。Azure IoT と ThingWorx によって、Celli Group は市場投入までの期間を短縮し、スマート製品の開発に必要な機械学習や人工知能、高度な分析機能を活用することが可能となりました。

PTC の業務領域に関する専門知識と設定が容易なソリューションが、Celli Group の求める迅速な開発とカスタマイゼーションを支援しました。「PTC なら、強力なソリューションで当社のビジョンを具現化できると考えていました。また、サポート面も非常に重要です」と Cavalsassi 氏は述べます。Azure IoT は、世界中の企業の顧客にグローバルな拡張性と幅広い相互運用性機能を提供しています。Celli Group は信頼性に優れたクラウドプラットフォームで、最先端の包括的なセキュリティ機能をいつでも利用できることを知りました。PowerBI などの製品と Azure のシームレスな統合により、顧客に関するインサイトを簡単に分析、可視化できるようになりました。

販売時点での顧客の可視化と管理を強化

飲料メーカーが飲料の供給機器をバーに提供する場合、通常は、製品の保管方法や消費者に提供される際の飲料の状態を把握できません。ドリンクサーバーやタップ、冷却器、その他の機器にセンサーを追加することで、Celli Group は、消費者に飲料が提供される瞬間まで、温度や圧力などの有用な製品データを飲料メーカーに提供しています。飲料の供給業者は、いつでも製品の状態やメンテナンススケジュールをチェックし、問題が生じた場合はチームを派遣して対応できます。IntelliDraught を使用して衛生状態や製品の保存可能期間、生ビールの温度などをモニタリングすることで、Celli Group の顧客は生ビールの品質を 27% 向上させました。Celli Group の顧客は、IntelliDraught を利用し、バーやレストランが最高の品質基準を満たした飲料のみを保管、管理、提供するよう徹底することで、損失を削減し、消費者のブランドイメージを良好な状態に維持しています。

供給機器の稼動時間を改善

IntelliDraught が効果的に可視化して管理できるのは、飲料の品質だけではありません。この IoT ソリューションは、飲料メーカーにとって特にコストのかかる課題の 1 つである、飲料と収益の継続的な流れを確保するための供給機器の稼動を保証することにも役立ちます。予測メンテナンスや予防メンテナンスの機能により、IntelliDraught は機器の稼動状態をモニタリングし、潜在的な問題について自動的にサービスチームに通知します。Celli Group のサービス部門は、データにリアルタイムでアクセスすることで、衛生チェックのリモート検査やプログラム化、冷却の管理や電力使用量のモニタリングが可能となります。このような予測メンテナンスや予防メンテナンスのソリューションによって、Celli Group の顧客は、サービスコストを 10% 削減できました。グローバルな規模でみると、非常に大きい数値です。Celli Group の顧客は機器のダウンタイムを削減することで、製品の流通量供給を増やし、利益の向上を実現しています。

既存在庫の顧客への売上とセルスルー数の増加

機器のダウンタイムが短縮され飲料の品質が向上した結果、販売数が伸びましたが、IntelliDraught の効果はそれだけではありません。飲料メーカーは、時間、地域、販売時点、ブランド別の消費傾向に関する情報など、強力なマーケティングデータ分析機能を利用することもできます。このような分析機能は、予測や生産計画を最適化して、重要な意思決定プロセスを支援し、在庫切れの防止に効果的です。Celli Group のコネクティッドシステムを利用する前、飲料メーカーは特定のブランドの製品がバーで数日間在庫切れになっているかを知ることができず、利益損失の原因になっていたかもしれません。Celli Group のソリューションは、どの製品がいつ販売されたか、プロモーションのパフォーマンスを可視化することで、ブランドがマーケティングキャンペーンのタイミングを最適化し、マーケティング活動を強化できるよう支援します。ターゲットを定めたプロモーションなど、販売時点でのデジタルインタラクションによって、消費者のエンゲージメントを促進します。実際、顧客はエンゲージメントが促進され、購入や離脱に関する情報が充実した結果、製品ポートフォリオのセルスルーが 14% 増加しました。最終的に、飲料メーカーは製品のパフォーマンスを事実ベースで分析し、売れ行きのよい製品を押し出したり、製品パフォーマンスを比較したり、各地域や販売時点での製品構成を最適化できるようになりました。

Celli Group のビジネスの変革と新規顧客の開拓を支援

Celli Group は、接続機能を持つスマートな機器を利用して製品やサービスを徹底的に差別化し、グローバルな市場での地位を高め、ビジネスモデルを抜本的に変化させました。同社は機器の IoT データを利用して、製品設計と製造プロセスを強化し、機器の故障を 13% 削減しました。サービスの強化により、結果、世界各地の顧客獲得に成功し市場シェアが拡大しました。また、マイクロソフトと PTC とのパートナーシップが功を奏し、新規顧客を開拓する能力が向上しています。「お客様とやり取りを交わす際、当社がマイクロソフトと PTC と提携している事実は、先方の IT チームの安心感に繋がります」と Cavalsassi 氏は述べています。Celli Group は、5 社の大規模顧客を獲得し、2022 年までのデジタルソリューションの年間経常収益が 10% 向上しました。

「当社はイノベーションを促進する企業として業界で認知されています。その評価には、当社が導入した新しいデジタル機器や IoT プラットフォームが貢献しています。IntelliDraught のおかげで、重要プロジェクトの受注に結びつきました。また、世界各地の顧客を獲得して市場シェアが拡大しました。このような取り組みはまだ第一歩を踏み出したばかりで、今後の大きな可能性が期待できます」と Cavalsassi 氏は述べています。

マイクロソフトと PTC の支援を受けてイノベーションを継続

Celli Group は、Azure IoT と ThingWorx を利用して、業界に変革をもたらす新しいソリューションの設計を開始しています。Acqua Alma Point - パーソナライズされた持続可能な体験を実現するウォーターサーバーです。Acqua Alma Point は世界中の駅に設置されており、消費者はペットボトルを無駄にすることなく、風味やミネラル、炭酸の強弱を指定してレシピを作成できます。このシステムは、IoT とクラウドのメリットを活かし、ユーザーを認識して、どの駅でも個人的な好みを記憶します。Celli Group は、マイクロソフトと PTC の支援を受け、新しいソリューションや機能を迅速に市場に投入できることを確信し、自信を持って未来に向かっています。ソリューションの安定性、安全性を保ち、将来の変化に対応し続けられることがわかり、安心感を得られました。今後は類を見ないペースでイノベーションに取り組むことで、業務の刷新を促し、他社に先んじることができます。

当社の目標は、この業界でのお客様へのサービスの提供方法を変えることでした。長期的なビジョンは、自社の機器に多種多様なサービスを用意することです。IoT が戦略を支える重要な柱となりました。

Paolo Cavalsassi 氏、Celli Group グローバルコマーシャルディレクター"