エアバス社のロゴ世界的に有名な航空宇宙メーカーが、顧客に革新的なメンテナンス ソリューションを提供するために Airbus Flight Hour Services という部署を立ち上げました。Airbus FHS は当初、世界中のごく少数の顧客サイトで、A330 や A380 などのエアバス製航空機に標準的なサービス業務を実施していました。

焦点となっていたのはスペア部品の在庫でした。これを効率的に管理することができれば、顧客の期待に応えると同時に収益を上げ続けることもできます。

FHS のビジネスが拡大する中、エアバス社は新しいソフトウェアと業界の最先端を行くビジネス手法により業務を変革しました。

ビジネス上の課題

FHS という新部署が締結するサービス契約の数が増加していく中で、ヨーロッパとアジアの 170 機を超える航空機に使用するスペア部品の予測に必要とされる正確な情報を得るには、スプレッドシートではもう不十分であることを上層部は理解しました。FHS のプール部門は、大規模なテクノロジ アップグレードとプロセスの大改革に立ち向かいました。

解決策

エアバス社は PTC のサービス パーツ管理ソフトウェアの導入を決め、PTC のコンサルタントに変革の支援を依頼することにしました。PTC グローバル サービスは、価値を最大限に引き出すにはワークフローをどのように改善すればよいかを特定し、部品データの管理および更新に関する業界のベスト プラクティスを統合することによって、プロセスの変革を成功させました。

結果 (初期)

  • 新ソリューションにより FHS のアナリストの作業効率がアップした
  • 部品在庫の 4 % が販売対象と特定された
  • 部品在庫の 4 % がリース / 交換対象とマークされた
  • 在庫コストが大幅に最適化された
エアバス社のケース スタディ全文を読む (PDF)