• DX を加速させる 3D CADソリューション

DX を加速させる 3D CADソリューション

Creo は 30 年以上にわたって製品設計および開発ソフトウェアの業界標準となっているソリューション。
ハイエンドな機能を、お客様のニーズに合わせてご提供いたします。

国や企業規模問わず、様々なお客様にご利用いただいております。



ICOM_495_100

ITOKI_495_100

OKI_495_100

OLIMPUS_495_100

OREC_495_100

Kyocera_495_100

KDC_495_100

kurogane_495_100

ketaka_495_100

SRC_495_100

JEMS_495_100

Togami_495_100

NihonSharyo_495_100

NGK_495_100

Horiba_495_100

Melco_495_100

YBM_495_100

Stannah_495_100

Daktronics

ELASTICODISEGNO PRENSILIA

e.GO

Volvo

KTM

LSIS

Specialized

StreetScooter

University of Minnesota

Aristides Guitars

Britax

Callege Park

Great Plains

CNB_495_100

お客様事例

実際のビジネスで価値提供の高速化、効率性向上、収益成長の最大化、業務コストの削減を実現しているお客様事例をご紹介します。

Creo のお客様事例はこちら

パナソニック

Pro/E 魂を Creo ネイティブ世代が継承する パナソニックの照明器具設計

お客様事例はこちら

Prensilia 社

Prensilia 社と Elastico Disegno 社は、HP 製品と PTC のCreo を活用して機能性とデザイン性に優れたロボット義手を製作

お客様事例はこちら

KTM 社

KTM では、レース用モーターサイクルで成功した革新的な技術があれば、すぐに新しい生産用モーターサイクルに導入します。KTM のエンジニアはすべてを社内で製造しているため、彼らが導入する CAD システムは、驚異的なペースの設計とシミュレーションに対応する必要があります。

お客様事例はこちら

設計業務で、こんなお悩みはありませんか?

中小企業はもちろん中堅や大手でも、まだまだデジタルをフル活用して効率的かつ合理的な業務フローを構築できている企業様が多いとは言い切れません。

 

InternetOfThings

DX 化の波についていけない

業界的に「製造業の DX 化」が重要と言われているものの、具体的にどうアクションしていけばよいのかわからない

MFG-ReduceTime

解析に時間や手間がかかる

重量や重心だけでなく、応力解析や熱解析、流体解析などの解析業務をもっとスムーズに実行できないだろうか

高品質の製品

単純ミスが多い

経験の浅い社員も多く、干渉チェックにひっかかる→図面修正のための手戻りで工数が増えている気が…

CADDesign

日常の業務効率に疑問

設計を 3 次元 CAD でデジタル化するものの、あとから 2D で図面を起こすため、後工程でデータの活用ができません…

製造コスト削減

導入費、維持費が高い

機能を持て余している気がする…その割にこのライセンス料は適切なのか?

そのお悩み、PTC の「Creo」が解決いたします

3D モデリングから解析などのモジュールまであらゆる機能を取り揃え、3D-2D 連携やデータ管理にも適した設計アプリケーションスイートです。

double-dash

Creo(クリオ)とは

30 年以上の実績を誇る設計ソリューションのパイオニアであり、現在も製造業などの機械設計を中心に業界をリードする 3D CAD / CAM / CAE ソフトウェアおよびソリューションです。

3D CAD の Creo Parametric を軸として、多彩な機能をもったアプリケーション群が製品の設計と開発の様々な状況に対応いたします。これらは継続的な改善に取り組んでおり、絶え間なく進化する製品設計の世界を対象とした強力な新テクノロジーを備えています。
small-dots
CAD_PPC_AboutCreo

「Creo」の主な特長

ハイエンドな性能はそのままに、導入からスキル習得までをスムーズに実現いたします。

 

Generative-Design-510x340

高品質な3次元データの作り込みが可能

ビジネスニーズやテクノロジーの進化に合わせ、高度で複雑な設計をよりシンプルに実現します。

QualityProduct

必要な機能に絞ってミニマムスタートできる

必要なときに必要な機能を柔軟に選択し、最適な設計環境を構築できます。

20201026_Blog_ptcu-fy21-creo-jp-003_510_340

動画など豊富なトレーニングツールをご用意

各機能のチュートリアルに加え、講師による少人数トレーニング等も実施しております。

Creo Parametric をコアとして、さまざまな機能を提供

 

リモート環境に対応
- ホームユースライセンスを発行

3D プリンタと接続可能
- 設計データから直接出力できる

AR でのコラボレーション
- 迅速で有意義なレビューを実現



トポロジー(位相)最適化
- 自動でスムーズな形状生成

リアルタイムシミュレーション
- 数秒で計算結果をフィードバック

熱流体解析
-空気や液体も1ステップでモデル化



トップダウン設計
-設計の流用、再利用を促進

ジェネレーティブデザイン
- 迅速に最適なデザインを作成

マルチボディ設計
- より分かりやすく、より効率的に

< Creo の機能をさらに詳しく動画で紹介 >

 

「機構解析」って何?

 

構造解析だけが解析ではありません。
メカニズムの設計に必要な解析が機構解析です。
簡単な例で Creo の機構解析の一連の手順をご紹介します。

その他の YouTube はこちら

 

PTC の 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling」のご紹介

 

PTC の 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling」の特徴は、非常に操作が簡単であり、直感的な操作でモデルの作成、編集が可能であるということです。
本動画では簡単なモデルを使って実際の操作方法をご紹介します。

全ての機能を 30 日間使用 OK!まずは無償試用版をお試しください。


Creo 無償試用版はこちら