2018 年の IIoT の状況

産業用IoT (IIoT)は、様々な業種におけるデジタル変革の中心的な位置付けとなっています。PTC の産業用イノベーションに関する調査シリーズでは、ビジネス価値に始まり、ユース ケース、展開の傾向など、IIoT の最新動向について調査しています。調査結果をご覧いただき、IoT の今後についてご確認ください。

業種別の導入状況

IIoT がもたらす商機を逃すまいと、最も早く対応しているのはどの業種でしょうか?

Conveyor Belt
工業製品
Automotive
自動車
Electronics High Tech
エレクトロニクスおよびハイテク ハードウェア
Software
ソフトウェア
Utilities
公益企業
A_D
航空宇宙および防衛
Other
その他
Medical
医療機器
Retail Consumer
小売および消費者

職種別の IIoT のユース ケースの分布

業績を伸ばすために、 IIoT をどのように活用していますが?

Design

接続性を高める設計 - 1%

製品、ソフトウェア、システム、システム オブ システムズの接続性を設計。

Design

デジタル設計レビュー - 1%

CAD、PLM、製品データを AR 体験または VR 体験と統合することで、分散したチームでも設計レビューが可能になり、リアルタイム コラボレーションを実現。

Design

デジタル ツイン - 1%

実際の製品に接続された「対」となるデジタル製品を活用することで、製品の使用状況や構成などを解析し、将来の販促やリコール対応、製品のアップデートなどに活用。

Design

エンジニアリング システムの可視性 - 1%

混在する複数の設計システムからデータを収集し監視することで、有用な情報をリアルタイムで提供。

Manufacturing

製造のユース ケース:

製造に関するオペレーショナル インテリジェンス - 28%

混在する複数のシステムや機器からのデータを収集することで、リアルタイムに情報を提供し、製造プロセスが監視可能ダッシュボードを用意。

Manufacturing

製造のユース ケース:

製造のための予知保全 - 6%

稼動中の設備から情報 (センサーの読み取り値、サービス履歴、環境条件) を収集し、解析モデルに通すことで、事後対応 (故障修理) のメンテナンスではなく、機器の点検に最も適した時期を予測。

Manufacturing

製造のユース ケース:

稼動状況の監視 - 6%

生産設備の状態とパフォーマンスを監視・追跡し、機械学習を導入して非標準的なアクティビティを検出できるよう、統合され、可視化されたKPIのリアルタイム情報を入手する。

Manufacturing

製造のユース ケース:

品質のモニタリングと検証 - 2%

検知した異常に関する通知やアラートにより、製品の品質をリアルタイムに監視。

製造のユース ケース:

材料と工具の在庫追跡 - 1%

物流の最適化、在庫レベルの維持、品質の問題の予防、盗難の検知などを目的として、在庫を監視。

Manufacturing

製造のユース ケース:

デジタル作業指示 - 2%

デジタル コンテンツ (作業指示、製造プロセス、安全性に関する手順など) を 3D または拡張現実によって提供することで、トレーニング、品質の検証、メンテナンスの実施、オペレーションの監視などを改善。

Manufacturing

製造のユース ケース:

製造オペレーションの安全性 - 1%

作業員や機器の安全に関する懸念や危険を特定するため、生産現場における稼動状態と環境を監視・追跡。リアルタイムの情報、警告、修正指示を、可能な場合には AR 体験を通じて提供。

Market And Sell

営業およびマーケティングのユース ケース:

柔軟なビジネス モデル - 0%

製品の使用状況とパフォーマンスに関するデータを統合することで、使用状況、パフォーマンス、結果に基づく価格設定とサブスクリプション モデルを実現。その結果、革新的なビジネス モデルが実現し、得られるビジネス価値が高まり、シェア獲得の機会が増大。

Market And Sell

営業およびマーケティングのユース ケース:

使用状況に基づくマーケティングとアップセル - 0%

使用状況や状態に関するデータをあらゆる製品および顧客から収集。その分析結果に基づき、クロスセルやアップセルの機会を逃さないよう自動的にアラートを発信。また、新たな市場セグメントの開拓や、顧客のニーズに合った製品とサービスの提供にも寄与。

Market And Sell

営業およびマーケティングのユース ケース:

コネクティッド環境での消耗品補充 - 0%

接続された製品から、使用状況や消耗品に関するデータを収集。その分析データに基づいて消耗品を補充することで、顧客満足度を高め、新たな収益源を創出。

Service

サービスのユース ケース:

リモート モニタリング - 9%

場所、パフォーマンス、使用状況、状態に応じて製品をリモートで追跡し、問題の監視、トラブルシューティング、診断に活用。

Service

サービスのユース ケース:

設備保全 - 4%

機器や機械をリアルタイムで監視することで、稼動中の資産に対してオンサイトでの予防保全と修理を実施。

Service

サービスのユース ケース:

リモート サービス - 4%

診断機能を埋め込んだ製品や機器をリアルタイムで監視することで、双方向ファイル転送やリモートでのソフトウェア アップデートなど、資産にリモートからアクセスして保守することが可能。

Service

サービスのユース ケース:

予知保全 / サービス - 4%

サービス製品の情報 (センサーの読み取り値、サービス履歴、環境条件) を収集し、解析モデルに通すことで、事後対応 (故障修理) のサービスではなく、機器のメンテナンスに最も適した時期を予測。

Service

サービスのユース ケース:

サービス システムの可視化 - 1%

複数の多様なシステムからデータを収集することで、サービスに関するリアルタイムの情報を提供するサービス ダッシュボードを作成。

Operations

オペレーションのユース ケース:

アセット モニタリング - 7%

KPI を統一的にリアルタイムで可視化することによって有用な情報を提供できるように、稼動中の資産 (モバイルまたは固定) の状態とパフォーマンスを監視、追跡し、機械学習を導入して、既知のパターンに基づいて非標準的なアクティビティを評価 (異常検出)。

Operations

オペレーションのユース ケース:

オペレーション インテリジェンス - 3%

複数の多様なシステムと資産からデータを収集して、運用プロセスを監視してリアルタイムの情報を提供するダッシュボードを作成。

Operations

オペレーションのユース ケース:

コネクティッド オペレーション システム インテリジェンス - 1%

複数の多様なシステムからデータを収集するためのダッシュボードを作成し、運用に関するリアルタイムの情報を提供。

Operations

オペレーションのユース ケース:

オペレーションのための予測メンテナンス - 1%

稼動中の資産の情報 (センサーの読み取り値、サービス履歴、環境条件) を収集し、解析モデルを使用して、事後対応型 (故障修理) のメンテナンス アプローチではなく資産のメンテナンスに適した時期を予測。

Operations

オペレーションのユース ケース:

在庫 / 倉庫管理および工具の追跡 - 1%

物流の最適化、在庫レベルの維持、品質の問題の予防、盗難の検知などを目的として、在庫を監視。

Operations

オペレーションのユース ケース:

オペレーションの安全性 - 1%

作業者や資産の安全に関する懸念または危険を特定するために、オペレーション プロセスとその周辺における稼動状態と環境を監視、追跡。リアルタイムの情報、警告、修正指示を、可能な場合には AR 体験を通じて提供。

End Consumers

顧客のユース ケース:

リモート操作 - 1%

顧客が製品や機器をリモートから制御・最適化できるようにし、運用コストの削減、安全性リスクの軽減、業務プロセスの改善、従業員や顧客の満足度向上を実現。

End Consumers

顧客のユース ケース:

製品のカスタマイズ - 0%

顧客が機能の追加と削除、ほかのアプリケーションとの統合、操作パラメータの変更などをリモートから行えるため、業務効率が高まり、製品のパフォーマンスが向上。

End Consumers

顧客のユース ケース:

使用状況とパフォーマンスの評価 - 0%

顧客が製品の使用状況や状態を監視し、収集したデータの分析や他社製品との比較を行えるため、改善可能な点を特定できる。

End Consumers

顧客のユース ケース:

顧客によるセルフサービス - 0%

顧客が AR 体験やコネクティッド アプリケーションを通じて自ら問題を診断して解決できるため、製品の可用性が大幅に向上して稼動時間が長くなり、顧客満足度が向上。

業務における産業用 IoT の導入状況

企業内で IIoT に最初に取り組むのは、どの部署でしょうか?

展開 / ホスティング環境

IIoT 技術はどこでホスティングされ、どこで展開されていますか?

オンプレミス
パブリック クラウド
PTC ホスティング
不明

予想される運用開始までの期間

企業が IIoT の試験運用から本格運用に移行するのはいつですが?

データ ソーシング

IIoT ソリューションでは、どのようなデータ ソースが使用されていますか?

Edge Devices
エッジ デバイス
Iot Gateway
IoT ゲートウェイ
Enterprise System
エンタープライズ システム
Cloud Platform
クラウド プラットフォーム
Other
その他

ThingWorx IIoT プラットフォームでビジネスを変革

産業用IoT (IIoT)でビジネスのデジタル変革をどのように推進できるか、ご興味はありませんか? ThingWorx IIoT プラットフォームに関する詳細情報と PTC のお客様のケース スタディを一読いただき、パートナー ネットワークにぜひお問い合わせください。