サービスの売り上げを最大化し、利益率を 50% 向上

サービス部門のデジタル化を進めて、より効率的で積極的なサービスを提供することで、顧客の稼働時間と自社の収益を最大化できます。

新しいサービスソリューションを採用し、収益の向上と顧客価値の創出を実現

double-dash
small-dots
収益増加
サービス収益を拡大するには、サービス部門の能力を無限に続く修理サイクルより広い範囲に拡大する必要があります。つまり、ダウンタイムが発生する前に問題を予測し、リモートで問題を解決し、顧客のセルフサービスを支援する、初回修理完了率を向上させ、平均修理時間を短縮できなければなりません。サービスの能力の幅を広げ、効率性を最大限に高めるソリューションを活用することで、より高いレベルのサービス品質保証契約 (SLA) にアップセルできるようになります。

PTC は、お客様の予測、予防、回避能力、さらに効率性を向上させ、次のことを実現します。
 
最大 50%

-  サービス収益性の向上

最大 83%

-  解決時間の短縮

最大 75%

-  現場訪問の迅速化

最大 50%

-  問題への対応の迅速化

最大 30%

-  計画外ダウンタイムの削減

最大 92%

-  初回修理完了率

適切な機能でサービス収益を拡大

PTC は、業界をリードするサービス企業と連携し、顧客サポートの変革に取り組んでいます。彼らのサービス部門は、高性能なコネクティッド・ソリューションを用いて、問題が起きてから対応するサービスに代わる、より効果的な新しいモデルを構築しています。その結果、次のようなサービス環境が実現しました。

  • 設備のパフォーマンスを継続的にモニタリング
  • 状況に応じたメンテナンス
  • ダウンタイムを予測し、回避
  • より多くのサービスをリモートで管理
  • 現場でのサービスの効率化と出張対応の削減

計画外ダウンタイムの削減

リアルタイムデータ

リモートモニタリング

消耗品による収益

予知保全

計画外ダウンタイムの削減

設備の状況をモニタリングし、障害につながる可能性のあるパフォーマンスの変化を検出して、積極的に対応することで、コストのかかる計画外ダウンタイムを回避します。

リアルタイムデータ

リアルタイムデータを実用的な情報に変えて、顧客の機械をより効率的に稼働、運用できるよう支援します。

リモートモニタリング

機械の稼働状況をモニタリングし、コストのかかるダウンタイムが発生する前に潜在的な問題を検出して予防します。

消耗品による収益

消耗品の使用状況をモニタリングすることで、消耗品の注文を最適化し、顧客に貴重な補充品を適切に保ち、利益率の高い収益機会を創出します。

予知保全

定期メンテナンスをインテリジェントな状況ベースの予測型サービスに置き換えることで、中断やサービスコストを削減します。

PTC のソリューションで優れたサービスを実現

 
01

サービスパーツ管理

部品在庫を最適化してコストを最小限に抑えつつ、サービス技術者が必要なときに適切な部品を入手できるようにします。

製造の仕掛品の削減
02

フィールドサービスの生産性

現場の技術者に権限を与え、問題解決への準備をさせることで、現場で迅速に問題を解決できるよう支援し、出張対応の回数を削減します。

cardvertical1
03

産業用コネクティビティ

機器と機器を接続し、リモートモニタリングや予知保全などのサービスイノベーションの基盤を構築します。

horizontalcard