デジタルトランスフォーメーションと IoT エンジニアリングの実現に向けて

エンジニアの業務を変革し、競争の性質やスピードを再定義することで、デジタルトランスフォーメーションと IoT の時代において成功を収めることが可能となります。

デジタル製品定義
唯一の正しい情報源

多くの場合、製品データはさまざまなエンタープライズシステムに保存されるため、ユーザーにとって複数のデメリットがあります。データが既にあることに気づかず重複作業を行うことや、データの正確性や一貫性を確かめるためにシステム間で比較しようとして時間を無駄にしてしまうことがあります。

デジタル製品定義とは、最も関連性の高い最新の製品情報(機械、電気そしてソフトウェアの各コンポーネント)の統合記録システムです。開発プロセスのステークホルダー全員が、デジタル製品定義を使用して役割毎に固有のニーズを満たしています。

デジタル製品定義:

  • エンジニアリングにかかる時間を短縮し、早期にエラーを排除

  • 製造の直行率を向上

  • 設計の再利用を強化し、重複作業を削減