• state of augmented reality

産業用 AR に関する最新状況

産業用 AR により、企業における製品の設計 / 製造 / 運用 / サービスする方法 が急速に進化しています。産業イノベーションに関する PTC の調査シリーズで は、AR の導入を検討している企業様向けに、実用的な情報を提供しています。 調査内容をご覧いただき、デジタル変革をリードする先進企業がどのようにAR を活用しているのか、ご覧ください。

業種別の産業用 AR の導入状況

AR がもたらす商機を逃すまいと、最も迅速に対応しているのはどの業種でしょうか?

Software
ソフトウェア開発
Conveyor Belt
工業製品
Automotive
自動車
Education
教育
A_D
航空宇宙および防衛
Electronics High Tech
エレクトロニクスおよびハイテク ハードウェア
Professsional Services
プロフェッショナル サービス
Other
その他
Life Sciences
ライフ サイエンス

職務別のユース ケースの分布

業績を伸ばすために、 AR をどのように利用していますか?

Design

デジタル設計レビュー - 47%

AR を活用して 3D デジタル プロトタイプの検査を実施することで、従来のプロタイプ作業を補完

Design

拡張現実を活用した設計レビュー - 36%

実際の製品またはプロトタイプの上に変更や設計強化点を重ね合わせ

Manufacturing

オペレータへの指示およびアセンブリ作業指示 - 25%

プロセスの実行、機器の操作、部品の組み立てに関する状況に応じた詳細な組み立て指示および製造指示をオーバーレイ表示

Manufacturing

メンテナンス作業指示 - 25%

複雑な機器の修理や保守に関する、状況に合わせた詳細な作業指示をオーバーレイ表示

Manufacturing

品質管理 - 13%

オーバーレイ表示された 3D CAD モデルと実際の製品を比較して製造品質を検証。AR により、作業者が品質保証レポートに写真やビデオを追加可能

Manufacturing

仮想レイアウト プランニング - 13%

製造施設のプランニング時に、AR を使用してフロア レイアウト設計をオーバーレイ表示、変更、検証

Manufacturing

パフォーマンス ダッシュボードとアラート - 15%

状況に応じて機器のKPI をリアルタイムにオーバーレイ表示

- 0%

- 0%

Market And Sell

仮想製品コンパニオン - 45%

ユーザー エクスペリエンスを拡張し、製品の魅力を高める

Market And Sell

拡張ブランド エクスペリエンス - 35%

AR に対応した広告を活用して、より魅力的でダイナミックな体験を創造

Service

サービス マニュアルおよび手順 - 27%

拡張されたトレーニング教材を使用すれば、サービス技術者がハンズフリーですばやく情報にアクセスできるため、対応や意思決定が迅速化され、初回修理完了率が向上

Service

サービスの検査と検証 - 21%

紙のマニュアルによる従来のトレーニングよりも、状況に応じた現実的な内容になり、サービス トレーニングの効率が向上

Service

遠隔地のエキスパートによるサポート - 20%

遠隔地のエキスパートによるサポート (AR コラボレーション) により、技術的なエキスパートと若手の作業者とのギャップを埋める

Service

顧客によるセルフサービス - 17%

エンドユーザによるセルフサービスを向上させるために、製品に関する状況に応じた詳細な指示をオーバーレイ表示

Service

ガイド付き作業指示 - 14%

問題を解決する手段を示すために、フローティング矢印やシンプルなテキストのチェックリストなどをオーバーレイ表示

Operations

拡張されたオペレータ マニュアル - 33%

製品操作に関する情報や、製品の使用および簡単な修理に関する指示を、製品の状況に応じてオーバーレイ表示

Head Up Display

ヘッドアップ ディスプレイ - 24%

安全に関するアラートや地図情報などの動的なコンテンツを、ユーザーのダッシュボードまたは視線の先にオーバーレイ表示することによってリアルタイムに提供

Operations

拡張されたインタフェース - 22%

拡張されたユーザー インタフェースにより、製品の制御手段を増やす。拡張されたインタフェースを使用することで、物理的なインタフェース (ボタン) を除去可能

Operations

製品のデジタルな拡張 - 20%

実際の製品にデジタルの画像と情報をオーバーレイ表示することで、独創的なカスタマー エクスペリエンスを強化

Training

職務別のトレーニング - 35%

作業や任務に関する 3D の指示をオーバーレイ表示、状況に応じたインタラクティブなトレーニングにより、実習と従来のトレーニングを同時進行可能

Training

安全性とセキュリティに関するトレーニング - 18%

生命にかかわる恐れがある状況や危険な状況に従業員が対応する準備を整えるために、セキュリティと安全のための手順に関する 3D の指示をオーバーレイ表示

Training

エキスパートによるコーチング - 21%

遠隔地のエキスパートとのコラボレーションにより、特定の職種のプロセスや作業に関する情報を従業員がリアルタイムに参照可能

Training

知識の移転 - 20%

遠隔地のエキスパートとのコラボレーションにより、特定の職種のプロセスや作業に関する情報を従業員がリアルタイムに参照可能

Design

コラボレーションによる設計レビュー - 2%

エンジニアと設計者が AR による共有ビューを活用して製品のレビューと開発を共同で実施

業種別の導入状況

企業内で AR の活用に最も早く取り組むのは、どのような部門でしょうか?

予想される本格運用までの期間

ARを試験運用から本格運用に移行するのはいつですか?

AR を利用するデバイス

どのようなデバイスを通じて AR 体験が提供されていますか?

Smartphone スマートフォン
Tablet タブレット
Digital Eyeware
デジタル アイウェア
Training
その他