設計から始まるサステナビリティ

~世界に学べ!3D CAD の最新事例~

設計から始まるサステナビリティ
~世界に学べ!3D CAD の最新事例~


サステナビリティは、生産や物流での取り組みだと思われがちですが、実は 80% は設計段階で決まると言われており、世界では今「サステナビリティのための設計 (DfS*)」が求められています。
トレンドに合わせて製品開発ツールも進化し、世界のライバル企業は積極的にその機能を使用しています。
本セミナーでは、最新の事例から、この課題に対して企業がどのように CAD を活用しているか、そしてなぜ Creo が選ばれたのかをご紹介いたします。

*Design for Sustainability

【プログラム】

サステナビリティのための設計 (DfS) とは
多くの海外メーカーが注目している 「サステナビリティのための設計 (DfS)」 は、設計・製造の効率化や重量の低減等により、設計から CO2 削減を行う取り組みです。グローバルのトレンドや実際の事例をサポートする機能を交えてお話します。

PTC ジャパン株式会社
ビジネスディベロップメントディレクター
芸林 盾
Jun Geirin
Creo で始めるサステナビリティ
PTC の CAD である Creo Parametric は、ジェネレーティブデザインやリアルタイム解析などの最新のデジタル技術と使い勝手が両立している総合設計ソリューションです。サプライヤーからのデータなど他社の CAD データを使って実行することも可能です。サステナビリティに役に立つ Creo の機能を、事例を交えてご紹介します。

PTC ジャパン株式会社
製品技術事業部 副事業部長 執行役員
財前 紀行
Noriyuki Zaizen
※本セッションは 2023 年 7 月 27 日に実施した Web セミナーのリプレイです。

Hallo [subject-name], さん、お帰りなさい。
別のユーザーですか?

下のボタンをクリックして続行してください。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。


リクエストが送信されるまでお待ちください...