ジェネレーティブデザインと AI でイノベーションを迅速化

Creo のジェネレーティブデザインを使用すれば、最高の設計を短期間で実現できます。

ジェネレーティブデザインソフトウェアとは?

ジェネレーティブデザインソフトウェアは、一連のシステム設計要件から、最適な設計を自律的に作成します。エンジニアがインタラクティブに指定した要件や目標(優先材料、製造プロセスなど)に基づいて、すぐに製造可能な状態の設計が、作業の開始点または最終的なソリューションとして自動的に生成されます。エンジニアは、このテクノロジーをインタラクティブに操作しながら、素早く優れた設計を実現したり製品イノベーションを促進したりできます。

Creo のジェネレーティブデザイン

製品設計をレベルアップし、市場投入期間の短縮とイノベーションの強化を実現したいとお考えなら、クラウドを利用して製品設計を最適化できる Creo のジェネレーティブデザインが最適です。多数の革新的な設計オプションを同時に検討でき、上位のオプションは自動的にハイライト表示されます。Creo の設計環境内で、高品質かつ低コストの最終設計すべてが自動的に作成されます。Creo のジェネレーティブデザインを利用すれば、最高の設計を短期間で提供できます。

Creo のジェネレーティブデザインが Jacobs Engineering による生命維持装置の設計の最適化を支援

「ジェネレーティブデザインの長所は、こだわりを見直すきっかけになることだと思います。エンジニアとしては直角や平面、丸めた寸法を好みますが、ジェネレーティブデザインは、このような設計案が最適ではない可能性を示唆してくれます。エンジニアとして最高の務めを果たすため、ジェネレーティブデザインを利用して、ほかの設計案も模索するようになりました」

Jesse Craft 氏、シニア設計エンジニア兼イノベーションプロジェクトマネージャー
Jacobs Engineering

Creo Generative Design Extension

新しい Generative Topology Optimization Extension (GTO) とクラウドベースの Generative Design Extension (GDX) を利用できるのは、Creo 7 だけです。制約と要件(材料や製造プロセスを含む)に基づいて最適化された製品設計を実現できます。GTO を利用すると、革新的な設計オプションをすぐに検討できるため、開発期間の短縮とコスト削減が可能になります。しかも、Creo 環境から離れる必要はありません。また、クラウドベースの GDX により、さまざまな材料や生産のシナリオ使って複数の設計を同時に作成でき、上位のオプションは確認用にハイライト表示されます。高品質で低コストの最終設計の自動作成を可能にする Creo のジェネレーティブデザインの詳細をご確認ください。

データシートを見る

Creo のジェネレーティブデザインと従来の製造
Creo のジェネレーティブデザインと従来の製造
従来の製造プロセスでの Creo のジェネレーティブデザインソフトウェアの使用方法をご覧ください。
Creo のジェネレーティブデザインと付加製造
Creo のジェネレーティブデザインと付加製造
ジェネレーティブデザインと付加製造は相性の良い組み合わせです。部品の設計もリアルタイムシミュレーションの実行も、すべて Creo CAD 環境内で行うことができます。
Creo のジェネレーティブデザインの Web キャスト

Web キャスト: Creo のジェネレーティブデザインで最高の設計を、よりスピーディに

CAD は、ジェネレーティブデザインに後押しされ、また別の革命の時を迎えようとしています。この Web キャストでは、このテクノロジーが現代の設計エンジニアにとって何を意味するのか、設計プロセスをどのように改善するのか、Creo はどこに向かっているのかなど、さまざまな疑問にお答えします。ジェネレーティブデザインにより、設計意図の指定、トレードオフの検討、考慮していなかった要件の特定が可能になります。その詳細をご確認ください。

Web キャストはこちら