構造解析

構造解析を設計プロセスに組み込むための PTC のソリューションをご紹介します。

構造解析とは?

構造解析とは、使用目的を満たせない状況を回避するために、部品、アセンブリ、メカニズムに対する静的または動的な荷重の影響を判断する作業です。「ジオメトリ座屈」といった用語からも、部品に故障が発生するとどうなるかがよく分かります。シミュレーション主体の設計を製品開発プロセスの早期に開始することが理想的です。これにより欠陥をより早く特定でき、コストの削減、設計のスピードアップ、製品の品質改善を実現します。

設計エンジニアのための構造解析

double-dash
small-dots

設計者は、Creo Simulation Live を使用する構造解析を設計プロセスに組み込むことで、特定の要件に合わせて構成部品を調整できます。

この場合、シミュレーションを設計に組み込むということは、設計に関する決定を下すために完全な忠実度を維持するシミュレーションツール一式を採用する必要はなく、設計の部品を編集するときにリアルタイムで動作する正確で使いやすい検討を使用して、何かが動作するかしないかを迅速に判断できればよいということを意味します。

 

解析担当者のための構造解析

double-dash

破損するポイントを把握するために、部品のシミュレーションを実行するとしましょう。Creo なら、タブをクリックするだけで Creo Ansys Simulation に移動できます。クリック数回で、反力荷重を Creo Ansys Simulation に入力し、構造解析を定義して実行できます。結果を調査し、変更を加え、シミュレーションを再実行(再作成は不要)して終了です。

small-dots