熱解析

熱解析を設計プロセスに組み込むための PTC のソリューションをご紹介します。

熱解析とは?

熱解析とは、材料の物理特性が温度の違いによりどのように変化するかを特定する一連のテクニックです。航空、医療機器、家電などの領域では明らかにこのような解析が不可欠ですが、ほとんどの製品で何らかのタイプの熱解析が必要です。

設計エンジニアのための熱解析

double-dash
small-dots

設計者は、Creo Simulation Live を使用する熱解析を設計プロセスに組み込むことで、特定の温度要件に合わせて構成部品を調整できます。

この場合、シミュレーションを設計に組み込むということは、設計に関する決定を下すために完全な忠実度を維持するシミュレーションツール一式を採用する必要はなく、設計の部品を編集するときにリアルタイムで動作する正確で使いやすい検討を使用して、何かが動作するかしないかを迅速に判断できればよいということを意味します。

解析担当者のための熱解析

double-dash

Creo Ansys Simulation により、熱の条件をシミュレートできます。定常熱伝導解析はモデルに対する一定した熱荷重の影響を計算し、部品の温度、熱流量、熱流束を判断するために使用されます。定常解析は多くの場合、初期条件を判断するために、非定常熱伝導解析の前に行います。最も一般的な熱解析である非定常熱伝導解析は、時間によって異なる荷重に起因するモデル内の温度、蓄熱、その他の熱量を判断します。

small-dots