【Web セミナー開催】Creo 9 間もなく登場!
Creo 9 の新機能をご紹介します。 登録はこちら

Creo 9

Creo 9 の新機能をすべてご紹介します

Creo 9 の新機能

最高の設計をより短期間で実現するために、Creo 9 では、生産性と操作性が強化されています。また、CAD モデルを管理、操作、理解するための新たなツールも追加されています。人間工学、モデルベース定義 (MBD)、シミュレーション、ジェネレーティブデザイン、付加製造と切削加工のためのツールも、強化されています。

操作性と生産性

Creo の操作性と生産性

ユーザー主体の操作性と生産性の強化により、日々の業務を最適化できます。モデルツリーの管理がかつてなく簡単になり、新しい分割サーフェス機能によりさらに効率的に解析と定義を実行できるようになりました。スケッチャー、マルチボディ、フリースタイル、ECAD 連携もすべて改良され、日常業務の簡素化とスピードアップを実現します。

改善されたモデルベース定義 (MBD) と詳細図面機能

進化したデジタル製品定義ツールを使用すると、より高いレベルでモデルベース定義 (MBD) や詳細図面の作業を実施できます。セマンティック PMI およびシンボルは最新の ISO/ASME 標準に準拠しているため、後工程のユーザーにより多くの情報を提供します。新しい溶接シンボルと図面ハッチングパターンにより、詳細図面をより簡単に作成できます。これらの高性能なモデルベース定義 (MBD) ツールにより、明瞭な設計を少ない労力で実現できます。

改善された Creo のモデルベース定義 (MBD) と詳細図面機能

人間工学に基づく設計、マネキン、視野

改善された Creo のモデルベース定義 (MBD) と詳細図面機能

人間工学に基づく設計と視野分析のツールが改良され、マネキンの位置を簡単に操作してマネキンの寸法をカスタマイズできるようになりました。さらに、マネキンの視野を分析する新しいツールも登場しました。これらのユーザー主体の機能強化により、優れた製品ソリューションを簡単に提供できるようになります。

シミュレーションとジェネレーティブデザインの機能強化

進化したシミュレーションとジェネレーティブデザインのツールで、より優れた製品を生み出すことができます。Creo Simulation Live にマルチフィジックス解析が追加されたため、構造性能と熱性能を同時にシミュレーションできます。Creo Ansys Simulation と Creo Flow Analysis の性能がさらに進化し、使いやすくなりました。また、安全係数と固有値解析の最適化にジェネレーティブデザインを使用できるようになりました。これにより、指定された材料に望ましい周波数応答を実現できます。

Creo のシミュレーションとジェネレーティブデザインの機能強化

強化された付加製造と切削加工

強化された Creo の付加製造と切削加工

付加製造と従来の製造の両方を対象に、CAM の重要な機能強化が行われています。付加製造では、確率格子、ユーザー定義の格子、サポート構造が改良されています。切削加工に関しては、5 軸仕上げツールパス、旋盤加工、金型開発、ミリングの送り速度調整が改良されています。これらの機能改良により、高品質で製造可能な製品を簡単に提供できるようになります。