Creo のモデルベース定義により 3D モデルの寸法とアノテーションを作成

設計、製造、品質、サプライヤーへの単一で正しい情報源を利用して組織全体のコラボレーションを強化。

engineer works on model-based definition (MBD) #D model in office

モデルベース定義 (MBD) とは?

モデルベース定義とは、製品の定義に必要なデータすべてを効率的に含めて 3D モデルを作成する手法です。MBD により、モデルがすべての設計業務を円滑にする信頼性の高い情報源となります。このモデルは、下流工程のサプライヤーや、社内のあらゆる部門でも使用できます。

Creo の新機能はこちら

MBD のメリット

 

長年、エンジニアたとえ、たとえ、モデルの作成自体は 3D で行っていたとしても 2D 図面を使用して製品の製造情報を提供してきました。現在では、モデルベース定義 (MBD) の手法を採用することで、製品データを直接 3D モデルに埋め込み、エクステンディッドチーム全体で信頼性の高い「単一で正しい情報源」を利用できるようになりました。これによりエラーを回避し、全関係者の時間を節約できます。

Creo は、MBD 互換モデルのアノテーション作成、パブリッシュ、表示に必要なツールを備えています。Creo GD&T Advisor Extension を追加すれば、チーム全体で GD&T を正確に定義するためのツールを使用し、確実に ASME & ISO 標準に準拠できます.

インフォグラフィックを見る

エキスパートの見解

モデルベース定義の導入には壁があります。それは、現在入手可能なツールです。Action Engineering の創立者兼 CEO で、『Re-Use Your CAD:The Model-Based CAD Handbook』(CAD の再利用: モデルベースの CAD のハンドブック)の著者でもある Jennifer Herron 氏の見解をご紹介します。 

Creo GD&T Advisor のメリット

GD&T Advisor Plus を使用すると、古い GD&T のアノテーションの正確な部品を再利用できます。エラーがある場合はそれがハイライト表示され、見つかった問題を解決する最善の方法に関する推奨事項が提示されます。