スマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP)

モノのインターネット (IoT) を活かして、製品の設計、販売、サポート、サービスの方法を最適化します。

製品に寄せられた顧客の声を確認することが、企業価値を高めることにつながります。

資本的システムや機械のサプライヤは、機器を出荷した瞬間から、次のような重要な質問の答えを検討する必要があります。

  • 機器のパフォーマンスはどの程度か。顧客の期待に応えられているか。設計業務のイノベーションは、製品のパフォーマンス データに基づいているか。
  • サービス組織は製品のステータスや運用データを利用し、稼働時間や顧客満足度を確保しているか。
  • 消耗品や付加価値サービスを含め、新たな販売のチャンスを認識し、捉えているか。
  • 優先事項は、実際のパフォーマンスや顧客満足度と一致しているか。

産業 IoT を使用すれば、このような不確実性を排除し、価値の高い収益化戦略を策定できます。リアルタイムのパフォーマンス データを収集することで、接続機能を持つスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) を使用し、さまざまな新しいソリューションを生み出すことができます。市場をリードする企業はすでに SCP を利用して、収益性の向上、顧客ロイヤルティの構築、データ主導の意思決定の迅速化を実現しています。

スマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) でビジネスを変革する方法はこちら

接続機能を持つスマート製品を軸にした産業 IoT のビジネスケースを作成

double-dash
small-dots
Quantifying the Business Case for the IoT eBook

産業 IoT の取り組みに着手する前に確認すべき最も重要なことは、「どうすれば十分な ROI を確保できるか」です。この有用なホワイトペーパーをダウンロードし、産業 IoT プロジェクトの ROI の源を評価するための実践的なガイダンスをご確認ください。