前へ 1 2 3 4 5 6 . . . 最後へ

拡張現実 (AR) によるマーケティングと販売の変革

AR を活用して収益の拡大、販売サイクルの促進、カスタマーエンゲージメントの向上を実現するには

AR によるデジタルトランスフォーメーションの推進

産業用 AR の到来 - 導入は加速中

消費者向け仮想現実 (VR) がマスコミの注目を集める中、拡張現実 (AR) は着実に企業のビジネスを変革しています。IDC の調査によると、AR の市場価値は 2019 年に 200 億ドルを上回り、2022 年までに 1,200 億ドルに達する見込みです(AR に対する消費者支出を除く)。Global Market Insights の予測も同様で、産業用途が AR 投資で圧倒的なシェアを占め、2024 年までに他業界の 2 倍を超えると予測されています。

産業用 AR の恩恵を受ける主要分野

AR は幅広い分野に影響を及ぼすと予想されますが、現時点では、次の市場で販売とマーケティングの取り組み方を塗り替えています。
  • 工業製品
  • 自動車
  • 医療機器およびライフサイエンス
  • ハイテクおよび半導体
  • 政府機関、航空宇宙および防衛

AR の基本定義

  • AR は、回路図、指示、アノテーション、パフォーマンス、条件の状態などの各種デジタル情報を、物理的な設備に重ね合わせます。

  • AR は、タッチスクリーンモバイルデバイスから専用のウェアラブルヘッドセットに至るまで、幅広いビデオ対応ハードウェアで利用できます。

  • AR ソフトウェアには、物理的な設備を特定し追跡するターゲット認識機能、データオーバーレイの投影、また場合によってはIoT などのリアルタイムデータの統合 / 表示など、複数の機能が用意されています。