前へ 1 2 3 4 5 6 7 . . . 最後へ

産業用拡張現実ソリューションを導入する

AR プロジェクトを計画・実行し、成功に導くための実践ガイダンス

拡張現実 (AR) は、従来のトレーニングおよびガイダンス資 料をさらに効率的な没入型の体験に置き換えて、事業会社に おける作業員の能力を向上させます。世界中の組織 ( 特に事 業運営が複数地域にまたがる組織 ) は、AR を活用すること で、これまでよりもスマート、スピーディー、そして効率的 に事業を展開しています。
IDC は、2019 年の AR に関連する ハードウェア、ソフトウェア、およ びサービスへの企業の支出額が 192 億米ドルになると推定してい ます1 。.
AR ソリューションの実装には、ニーズに最も適したテクノ ロジを洗い出すなど適切に計画したうえで、既存のプロセス、 ワークフロー、システムに適用する方法が必要です。その他 の運用技術の革新とは異なり、AR を使用すれば、ソリュー ションによってはプログラミングの専門知識が少なくても、 価値を実現するまでの時間を短縮できます。しかし、あら ゆる産業技術と同様、導入を成功させるには、AR の適切な 実装が不可欠です。このホワイトペーパーでは、概念実証 (PoC)、実用的なパイロット運用から、完全導入後の拡張可 能なソリューションに至るまで、AR プロジェクトの責任者 が産業用 AR の使用開始から最短で高水準の ROI を実現でき るように、重要なステップを詳細に説明していきます。

ステップ 1:

ビジネス ケースを特定する

すでに AR を実装している組織は、トレーニング、製造、サー ビス、販売、マーケティングなど、複数の事業分野で測定 可能な ROI を設定しています。退職作業員数の増加、非効 率的でコストがかかるトレーニング資料やサービス関連資 料の管理は、スタッフの効率性を妨げ得る共通の課題です。 AR を適切に実装した場合、肩越しにきているようなリモー ト ガイダンス、製品を実物大で視覚化する仮想デモ、段階的 な手順ガイダンスや指示などの機能を提供することで、前述 の課題やその他の課題をはじめ各種課題を解決できます。

AR がビジネスに最大の価値をもたらすポイントを詳細に理 解するには、まず最大の弱点を見つけ出す必要があります。
1. IDC.How Augmented Reality Drives Real-World Gains in Services, Training, Sales and Marketing, and Manufacturing