前へ 1 2 3 4 5 6 7 . . . 最後へ

産業用拡張現実 (AR) ソリューションの導入

AR プロジェクトを計画、実行し、成功へ導くための実践ガイド

拡張現実 (AR) を導入し、従来のトレーニングや作業手順書を、より効率的な没入型のコンテンツに置き換えることで、作業員のスキル向上を支援します。世界中の多くの企業、特に複数の地域にまたがって事業展開している企業では、AR を活用し、これまで以上に賢く、より早く、効率的な業務環境へと急速に移行しています。
Technavio 社は、2020 年から 2025 年にかけて拡張現実 (AR) 市場の成長率が 1,085 億 7,000 万ドルに及ぶと予測しています1
AR ソリューションの導入には、自社のニーズに最も適した技術を選定し、それを既存のプロセス、ワークフロー、システムに取り入れる方法を検討するなど、綿密な計画が必要です。ほかの最新の運用技術に比べ、AR は価値実現までの時間が非常に短く、ソリューションによってはプログラミングの知識はほとんど必要ありません。しかし、その他の産業技術と同様、AR の導入を成功させるには包括的な実装が必要です。このガイドでは、概念実証 (PoC) やパイロットでの機能テストから、拡張性に優れたソリューションの本格導入まで、AR プロジェクトの責任者が産業用拡張現実 (AR) を導入し、高水準の ROI を最短期間で実現するために必要なステップを詳しくご紹介します。

ステップ 1:

ビジネスケースの特定

すでに AR を導入している企業は、トレーニング、製造、サービス、販売、マーケティングなど、複数の事業分野で測定可能な ROI を確認しています。ベテラン作業員の退職に加え、非効率的でコストのかかるトレーニング資料やサービス関連のドキュメントは、作業効率の低下につながる共通の課題です。AR を適切に導入し、まるで同じ場所にいるかのようにサポートを受けられるリモートガイダンス、製品を実物大で視覚化するバーチャルデモ、段階的な手順説明や指示などの機能を提供することで、これらの課題を解決できます。

現在のビジネスで AR を最大限に活用できる部分を見極めるには、まず、一番の問題点を明らかにする必要があります。

1.Technavio 社『Augmented Reality (AR) Market by Application and Geography - Forecast and Analysis 2021-2025』