拡張現実 (AR) による品質検査

AI を活用した目視検査によって品質管理が向上し、ミスが発生する可能性が低下します


検査は、製造の品質管理プロセスにおける非常に重要な工程です。

品質検査により、製品の品質と実行された作業手順が所定の基準を満たしていることを確認できます。通常、原材料と構成部品は組立プロセスの前に検査しますが、製品の検査は製造中と製造後にも実施されます。現場の作業員は、測定、検証、テストを実施し、作業手順が正しく実行されたかどうか、また製品とその構成部品が仕様どおりに組み立てられ、適切にメンテナンスされているかどうかを確認します。

最終工程での検査

AI を活用した目視検査により不具合のある部品を検出し、さらに拡張現実 (AR) を利用して作業員を誘導し、品質管理を向上させます。

Step Check は、現場の作業員が最終工程での検査サイクルをより迅速かつ高精度に行えるよう支援し、ミスが発生するリスクを低減します。また、AR と AI を使用して部品の特定、対象物の状態の分類、合否から自動的に学習します。

eBook はこちら

AR が検査の主な課題の解決を支援

検査サイクルの遅延による生産性への影響

高い生産性を実現するには、迅速な検査サイクルが必要です。シフト全体で、適切なツールを使用せずに部品や対象物を手作業で確認する場合、現場の作業員には大きな負担がかかります。部品が正しく組み立てられているか、配線がすべて接続されているか、溶接が正しい場所で行われているかなど、作業員は手作業で確認する必要があります。現場にある対象物を紙のマニュアルや 2D 画像と比較する作業には時間がかかり、検査サイクルが長引いて顧客への製品の提供に遅れが生じます。

手作業による品質チェックでは人為的ミスの確率が高い

現場の作業員は自らの目で部品を評価し、高い精度を確保する必要があります。従来型のドキュメントを参照しながら不具合のある部品を特定する作業は困難です。繰り返しの作業に慣れ、疲労することで、作業員によるミスが発生します。検査結果は不正確になり、不具合のある製品が納品され、手戻りが必要になります。その結果、収益の損失や顧客満足度が低下します。

従来の品質評価ソリューションには自動化されたプロトコルがない

検査結果を手動で文書化する場合、時間がかかる手順が増えるだけでなく、人為的ミスが発生しやすく、紙の書類が紛失する可能性もあります。さらに、品質プロセスでは画像によるフィードバックが必要なことも多いため、作業員の負担はさらに増加します。

品質検査で AR を使用するメリット

Step Check は、現場の作業員が最終工程での検査サイクルをより迅速かつ高精度に行えるよう支援し、ミスが発生するリスクを低減します。また、AR と AI を使用して、部品の特定、対象物の状態の分類、合否から自動的に学習します。

AI を活用した評価と意思決定による検査サイクルの高速化

検査サイクルの迅速化

モバイルデバイスのカメラと Vuforia の最先端のコンピュータービジョン技術を使用して、評価を自動化します。

合否判定だけでない、不適切な状態の特定

Step Check は、不足している部品だけでなく、適切な場所に配置されていない部品も検出します。

検査ごとに AI が学習

検査サイクルを終えて作業員からのフィードバックがあるたびに、システムが自動的に学習し、新しいデータを AI コンポーネントに追加します。

視覚的なヒントや警告による効率向上と人為的ミスの回避

ミスの発生リスクを低減し意思決定を改善

AR により対象物に重ねて情報を表示し、検査に合格したか、それとも何か問題があるかを作業員に示します。

現場の作業員を適切にガイド

プロセスをガイドするツールによって、適切な対象物が検査されていること、また合格か不合格かをリアルタイムで確認できます。

さまざまなタイプの不具合確実に検出

2D のマニュアルと実際の部品の比較が不要になります。

自動レポート作成機能を備えたモバイル検査による効率向上

検査プロセスを自動的に文書化

画像によるフィードバックを含む高品質なプロトコルを利用して、簡単にレポートを作成できます。

検査から文書化まで 1 つのシステムで対応

現場の作業員は、1 つのシステムでより柔軟かつ正確な検査を実施できるだけでなく、品質証明を自動化できます。

時間の経過に伴う品質変化に関するインサイト

Step Check のダッシュボードには時間の経過に伴う品質変化に関する詳細なインサイトが表示され、記録された不合格の状態を視覚的に分析できます。

Step Check の仕組み

Step Check は PTC の目視検査ソリューションであり、人工知能 (AI) と独自のコンピュータービジョン技術を採用しています。精度を高め、ミスを削減することで、品質検査の効率向上を支援します。

ステップ 1: 場所の特定

ウェイファインディング機能によって、技術者は各手順を実行する必要がある場所をすぐに特定できます。手順を実行する場所に移動すると、インストラクションが技術者に、確認または検査する内容を示します。AI は、現在の状態が適切であるかどうかを技術者に自動的に提供します。技術者は迅速に部品を特定し、次のステップに移ることができます。AI が合格か不合格かを明確に示すため、ミスを回避できます。

ステップ 2: 作業の実行

ステップバイステップのガイダンスにより、技術者が確認すべき対象を的確に示します。既存のドキュメントに含まれるビデオ、画像、テキストは、補助的な資料として使用できます。これにより、技術者は正しい順序で迅速に手順を実行し、手順の状態が文書化された場合のみ、次のステップに進むことができます。

ステップ 3: 検証

AI による学習は手順を実行するたびに進化し、手順の自動検証機能が向上されます。技術者は、インジケーターによって現在の合格と不合格の状態を明確に把握できます。このプロセスは、検査を実施するための最も迅速で正確な方法の 1 つです。

ステップ 4: 文書化

自動文書化機能によってすべての検査データを収集、保存し、簡単にアクセスできるようになります。このプロトコルには、すべての合否判定の手順、タイムスタンプおよび画像によるフィードバックが含まれているため、簡単にレポートを作成できます。これにより品質証明が自動化され、システム間での紙ベースの手動入力によるレポートのミスが削減できます。

よくあるご質問 (FAQ)

3 種類の検査とはとのようなものですか?

  • 品質検査は製造検査の 1 つであり、製品が所定の基準を満たしているかどうかを確認します。この検査は、生産前、工場での生産中、または最終工程で実施できます。検査方法として、一般に目視検査が使用されます。
  • 工程検査は、製造工程のどの段階でも実施できます。このタイプの検査は、工程の各段階が手順に適切に従っており、ISO 9001 などの業界標準に準拠していることを確認するために実施されます。
  • 機器検査では、機器を安全に運転、調整、保守できることを確認します。このタイプの検査は、健康および安全上のリスクが生じる前に修理できるよう、劣化や誤動作を特定することを目的としています。

Step Check は文書作成者にとってどのように役立ちますか?

  • 使いやすいエディタによる自動チェックなどの機能により、検査の作業指示を効率的に作成
  • Step Check ダッシュボードで一定の期間を対象とする品質分析が可能
  • 高度な CAD の処理と最適化

AR は現場の作業員にどのようなメリットをもたらしますか?

拡張現実 (AR) を利用した作業指示はデジタル作業指示の一種で、状況に応じた追加情報を提供します。次のようなメリットがあります。

  • CAD データに基づく構成部品の正確な 3D 表現
  • あらゆる角度からの自動スナップインを使用して、AR による視覚化情報を現場の対象物に簡単に表示可能
  • AI ベースの品質チェックを使用して、合格/不合格を誤って判断する可能性を作業員に自動警告
  • 合格/不合格の状態を検出して構成部品にリアルタイムで重ねて表示
  • CAD でモデル化されていない、またはジオメトリベースではない部品の検出(ケーブルの差し込み、部品番号のステッカーなど)
  • 視覚的なウェイファインダー機能による適切な場所へのユーザーの誘導

どのような効果を期待できますか?

  • トレーニングコストの削減
  • 準備期間の短縮
  • テスト失敗の減少
  • テスト漏れの減少
  • スループットの向上