• plm
  • サプライチェーンのコラボレーション

安全なサプライチェーンのコラボレーションと最適化の実現

IP セキュリティを備えたサプライチェーンのコラボレーションを実現します。NPI、変更、品質プロセスを自動化しながら、世界中の複数プロジェクトで設計データを共有し、成果物を追跡できます。

サプライチェーンのコラボレーション: 戦略的サプライヤーとの連携

変化の速い技術および規制環境と、移り変わる地政学的および経済的な情勢においては、俊敏性が最も重要です。しかし、バイヤーと設計者はサプライチェーンの依存関係と担当範囲を的確に把握できない状態にあります。グローバルなサプライヤー管理のために、特別な設定不要のプロセスと方法を利用することで、設計段階の初期からメーカーやベンダーの情報を使用できるようになるため、企業は柔軟になり、チーム間の同期を実現します。

スムーズで信頼性の高い材料データフローにアクセス

Access a smooth and reliable flow of material data

戦略的調達部門は、サプライチェーンパートナーと連携して、最新の正確な製品情報を安全に共有できます。承認済みのサプライヤー、データシート、コンポーネントが使用される場所、変更リクエストや問題レポートが生成されたタイミングなどのコンポーネントの属性をよりよく理解することで、市場投入期間を短縮し、俊敏性を向上できます。2D、3D、または拡張現実 (AR) の CAD 図面が状況に応じて提供されることで、バイヤーはプロジェクト管理機能を使用してサプライヤーとの連携をさらに深めることができます。たとえば、データ、図面、改訂版を、それぞれの機能やシステムに適した形で必要な関係者に送信できます。

PLM によるサプライチェーンのコラボレーション

コンポーネント、影響力、リスクの管理: バイヤーは、PTC のサプライヤー管理機能を利用して優先サプライヤーを簡単に確認し、変更管理および新規部品の導入プロセスにワークフローと承認済みのアクセス制御機能の両方を使用できます。サプライヤーの設計者は、部品レベルまでシームレスにレビュー、承認、認可を実施でき、追跡可能かつ監査可能な履歴を活用できます。

バイヤーは使いやすいアプリから URL を介して PLM システムにアクセスし(データの転送または複製は不要)、承認済みサプライヤー、データシート、コンポーネントが使用される場所などのコンポーネントの属性について調査できます。バイヤーは、BOM が見積もり、試作、製造のいずれかの段階になると通知を受け、BOM をサプライヤーに送信できます。その後、プロジェクト管理機能を使用してサプライヤーのデータ、図面、改訂版を送信できます。

Supply chain collaboration with PLM

サプライチェーン管理のメリット

PLM の高度な機能により、サプライヤーとのコラボレーションのためにシームレスなデータ伝達を実現します。

  • コラボレーション: サプライヤー、社内ユーザー、パートナー、委託メーカーが、部品や仕様のリリース時および使用終了時に自動通知を送信することで、契約に基づくプログラムを共同で作成します。

  • 変更制御: サプライヤーの設計者は、変更の評価/処理の完了/終了を伴う変更リクエストを誰が開始したかにかかわらず、サプライヤーの変更を確認し、承認できます。

  • IP の保護: ユーザーグループによって定義され、特定の目的に適応可能なさまざまなセキュリティレベル(読み取り、書き込み、削除、メタデータなど)およびアクセス制御をサポートします。

  • サプライヤー戦略: 認定サプライヤーおよび部品の状態が研究開発部門に表示され、サプライヤーの対応状況を確認できます。承認されたメーカー部品のリスト (AML) および承認されたベンダー部品のリスト (AVL)は、優先の状態を持つ複数のコンポーネントサプライヤーのサポートにより作成されます。

  • 問題レポート: 影響を受けたアイテム、アセンブリ、部品に問題レポートを関連付けます。レポートは、監査(サプライヤーの是正措置)に基づいて、内部またはサプライヤーによって作成されます。

  • サプライヤーデータの単一システム: 部品/製品にリンクされた高品質および低品質への対応(非公式および公式)を含む、サプライヤーの参照データおよび履歴全体のフローを自動的に作成することで、透明性を確保します。

  • 自動統合およびオーケストレーション: エンタープライズシステム間で標準に基づくデータ交換が行われます(ERP、CRM、OSLC ベースの Requirements Connector などへのリンクおよびトレース)。

  • MCAD/ECAD 統合: サプライヤーが使用するニュートラルファイルを自動的に作成し、統合します。

  • EBOM と仕様の連携: 供給時にサプライヤーを部品資格情報(品質管理計画/材料のコンプライアンス/DFM 解析)と連携させ、サプライヤーに変更を通知します。

PTC の PLM プラットフォーム、Windchill の詳細

Learn More About Windchill

サプライチェーンのコラボレーションを中核とする PTC の Windchill エンタープライズ PLM ソリューションをご紹介します。構想の初期段階から製品のリリース完了までのすべてのイテレーション、設計サイクル、段階を通した、真のクローズループ型ライフサイクル管理をご体験できます。

お問い合わせ

企業のすべての関係者が製品データに迅速かつ簡単にアクセスできるようにします。PTC の製品ライフサイクル管理ソリューションである Windchill は、企業のサイロの解消を支援し、以下を実現します。

  • 市場投入までの期間の短縮
  • コストの削減
  • 製品の品質向上
  • イノベーションに割り振る時間の増加

Windchill は、企業が大規模なデータセットを管理するために必要なパフォーマンスを提供します。サブスクリプションモデルを使用すると、必要な機能だけを契約することができます。また、IoT プラットフォーム ThingWorx と簡単に統合することが可能で、現場のスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) から入手したデータをデジタルツインに活用できます。

Windchill の詳細情報をご希望の場合は、フォームにご記入ください。後ほど担当者から連絡いたします。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。


リクエストが送信されるまでお待ちください...