• plm
  • 部品表 (BOM) 管理

部品表 (BOM) 管理

すぐに導入可能な包括的な BOM 管理で、設計、サプライチェーン、製造、営業、サービス全体でデジタルによる完全な連携を実現。

デジタルトランスフォーメーションは BOM から始まる

製造業に携わる多くの企業は、製品のオプションやバリエーションの増加に対処するため、スピードや俊敏性の向上に取り組んでいます。自社開発のツールやプロセスでは、適切な製品情報のトレーサビリティと関係性を確認し、確保することが非常に困難になります。

製造業の各社は部品中心のアプローチで BOM を管理することで、製品の構想段階から製造、デバイス接続、フィールドサービスに至るまで、コラボレーションを促進できます。

Transform Your BOM for Organizational Improvements

BOM の変換で組織全体を改善

BOM を変換することで、古いデータの再利用を削減し、エラーや再作業が生じるリスクを下げることができます。各 BOM が自動的に同期されることで、開発と産業化の時間を短縮できるだけでなく、サプライヤー、工場、営業、サービスが常に変更を把握できるようになります。その結果、市場投入までの期間が短縮され、業務効率とコンポーネントの可用性が向上し、品質に伴うコスト削減を実現します。

包括的な BOM 管理と BOM の変換機能

PTC の BOM 管理と BOM 変換機能を使用することで、製品設計者は、製品ライフサイクルのあらゆる段階で活用できる部品中心のデジタル製品を作成、管理できます。機械部品、ソフトウェアの部品、電子部品、及び関連する成果物を、設計部品表 (EBOM) に統合できます。これにより、組織は単一のインタフェースでCAD、PLM、ERP などのドメインシステム間でのコラボレーションを行えます。PLM システムによって、作業現場の従業員からサービス技術者、顧客からの注文を構成する営業担当者まで、適切な製品情報を使用できます。

Comprehensive BOM Management and BOM Transformation Functionality

主な製品機能

"モデルベース" のデジタルスレッドに適したすぐに導入可能な包括的コンフィギュレーション管理を実現します。下流工程のデジタルコンテンツは、製造やサービスなどへの追跡可能なリンクによって、(コピーではなく) 関連付けが行われます。

  • BOM 主導のビジュアリゼーション:増分ロード、構造の色分け検索、3D ビジュアルの比較などを、すべて下流工程で利用可能 (干渉、プロセス計画、カタログ、AR など)

  • BOM 編集:大規模構造内でのコピー/貼り付け、インライン編集、自動入力、置換、名前を付けて保存、スプレッドシートからのインポート、CAD からの構築などを実行

  • BOM の比較:コンフィギュレーションや類似する BOM ごとのテキストと 3D 比較

  • 部品の交換、代替、代用:新しい部品や既存部品への交換、一方向または双方向の部品置換

  • 部品の分類;サムネイルナビゲーション (グラフィカル検索) や、分類された部品名の形式を統一できる設定変更可能なルール

  • オプションとバリエーション:干渉チェックや下流側の成果物 (プロセス計画) のテキスト/3D コンフィギュレーションを管理

  • 部品の AML/AVL:AML/AVL を含む BOM、スコアカード、承認済み、推奨、不使用のルールに基づく設定の割り当て

  • BOM の変換アソシエティブ設計 BOM製造 BOMサービス BOM ビューで調整を効率化し、テキストやグラフィックの変換をサポート

  • 部品タイプ:サブタイプによって、属性や属性レイアウトを定義する際の柔軟性が向上

  • 部品履歴:タイムラインの履歴を使用、履歴テーブルから直接情報や部品構造を比較

お客様事例

同業企業による BOM の最適化方法を確認

究極の製品を実現する iRobot

製品設計の全関係者が BOM から最大限の価値を確実に得られるよう、iRobot 社は 3 ~ 6 カ月単位でプロジェクトを展開する「 クイックウィン」アプローチを採用しました。

詳細はこちら

Lifetime Products 社: 紙ベースの BOM からデジタルの BOM へ

Lifetime Products 社が一連の短いプロジェクトで、手動プロセスからデジタルのトレーサビリティとコラボレーションへの進化を遂げた方法をご紹介します。

ビデオはこちら

Jabil 社の BOM に関するベストプラクティス

Jabil 社が手作業の BOM 管理から、6 カ月以内で標準化された単一のデジタルなグローバル製品構造に移行した方法をご紹介します。

詳細はこちら

Windchill の詳細

PTC の Windchill エンタープライズ PLM ソリューションの詳細をご確認ください。Windchill では、画期的な PLM 機能を備えており、すべての製品データを単一の情報源に統合し、部品中心のアプローチによる BOM 管理を行うことができます。構想設計の段階から、製品のリリース完了までのすべてのイテレーション、設計サイクル、段階を対象とした、真のクローズドループ型ライフサイクル管理をご体験ください。

PTC の PLM ソリューション Windchill の詳細はこちら

Learn More About Windchill

お問い合わせ

組織のすべての関係者が製品データにすばやく簡単にアクセスできるようにします。PTC の製品ライフサイクル管理ソリューションである Windchill は、組織のサイロ化を解消し、以下を実現します。

  • 市場投入までの期間の短縮
  • コストの削減
  • 製品の品質向上
  • イノベーションに割り振る時間の増加

Windchill は、組織が大規模なデータセットを管理するために必要なパフォーマンスを提供します。サブスクリプション価格設定を使用すると、必要な機能だけを契約することができます。また、ThingWorx IoT プラットフォームと簡単に統合することが可能で、現場のスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) から入手したデータをデジタルツインに活用できます。

Windchill のメリットについて詳細情報をご希望の場合は、フォームにご記入ください。後ほど担当者から連絡いたします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...