前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 . . . 最後へ
DOWNLOAD

BOM 中心のアプローチの確立: データを整理してデジタルリーダーになるための 10 の方法

エグゼクティブサマリー

デジタルトランスフォーメーション (DX) は BOM 管理から始まる

市場投入までの期間の短縮、繰り返し作業のスピードアップ、コストの削減は、製品開発を行うほとんどの企業の目標となっています。製品ライフサイクル管理 (PLM) は、これらの目標を達成するうえで重要な役割を果たしますが、ほとんどのメーカーはすでに PLM を導入しています。では、何が問題なのでしょうか?PLM は広く普及していますが、多くのメーカーは、ビジネスプロセスに対応できない複数の独立したレガシーシステムを抱えています。また、信頼できる情報源となる「正確かつ最新の部品を中心とした部品表 (BOM)」を持っていません。

ここで、システムが互いに独立している状況について考えてみましょう。図面で作業する設計チームは、製造、サプライチェーン、サービス、顧客のために図面の情報を再入力したり図面や CAD からデータを継続的に引き出したりする必要があるためデータ入力が 4 倍になるといった、付加価値のない作業に対応せざるを得ません。データは多くの場所に分散している可能性があるため、変更があったときに適切な情報を見つけることはほとんど不可能です。ボリュームディスカウントを交渉するための優先サプライヤーおよびコンポーネントを決定する手段がないため、購買管理者が間違った部品を発注してしまいます。サプライチェーン管理者が在庫に関して不適切な意思決定を下すことで、部品の再利用率の低下や在庫量の増大を招きます。工場の計画担当者は、製品の発売日に合わせて機械を調整することはありません。組立ラインの設置や作業指示の作成など、プロセスの更新に着手しても、すぐにスケジュールが遅れてしまい、顧客への納品日に間に合いません。テクニカルライターが作成したユーザーマニュアルには誤った指示が記載されており、その結果、顧客からの問い合わせが過剰に発生します。