• Seagate 社の事例: 生産性、品質、拡張性を向上

Seagate 社の事例 - PLM を基盤としたエンタープライズデジタルスレッドの構築により生産性、品質、拡張性を向上



業界トップの世界的なデータストレージ企業であるSeagate 社は、老朽化が進むサイロ化された研究開発システムを、将来的な成長とビジネスニーズのための拡張性を備えたプラットフォームに置き換えることを目指し、PTC に依頼しました。現在、PLM ソフトウェア Windchill が企業全体のデジタルスレッドのバックボーンとなっており、さまざまな地域、事業、設計分野、機能(製造、皇帝、財務、サービス、サプライチェーン、材料など)に広がっています。

製品主体のデジタルスレッドの基盤を構築した Seagate 社は、以下を実現しようとしています。

  • ライフサイクルの各段階で最大限の生産性を実現: エラーの削減、自動化の促進、作業完了までにかかる時間の短縮
  • 製品コストの削減: 部品の重複の削減、データの整合性の向上、サプライチェーンのコラボレーションの改善
  • 低品質によるコストの削減: スクラップと手戻りの削減、顧客満足度の向上

Seagate 社は、これらの改善により、年間で数千万ドルのコストを削減し、市場投入期間を短縮できると考えています。この業界トップメーカーが複雑な大量生産をどのようにして高いレベルに推進するか、その詳細をご紹介します。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。