Vuforia の拡張現実 (AR) を利用した作業指示

Vuforia の AR を利用した作業指示は、ベテラン作業員の知識を活用して、より簡単かつ効果的な作業方法を現場の作業員に提供します。AR を利用したステップバイステップの作業指示で作業員を支援し、運用の改善と作業員の効率向上を実現できます。


拡張現実 (AR) を利用した作業指示とは、重要な情報やガイダンスを実際の環境にある製品に重ねて表示する、非常に視認性の高いインタラクティブな技術です。AR を利用した作業指示は、作業者目線で撮影されたビデオから知識を取り込むか、既存の 3D コンテンツを使用して簡単に作成できます。または、ベテラン作業員とのリモート接続により、視覚的なガイダンスを受けながらリアルタイムで作成することもできます。対象となる作業の状況に合わせてデジタルコンテンツを重ね合わせることで、製造の生産性、サービスの正確性、検査の品質、作業員の効率全体が向上します。

拡張現実 (AR) を利用した作業指示の種類

3D ビジュアルガイド

AR によるモデルベースの作業指示を 3D ビジュアルガイドとして提供すると、コンテンツの没入感が向上します。3D ビジュアルガイドは、3D アニメーションによるステップバイステップの手順をユーザーが視覚的に確認できるように機械の上に重ねて表示し、サービス、運用、トレーニングの指示を状況に応じて明確に可視化します。

AI によって強化されるベテラン作業員の知識

ベテラン作業員が退職すると、その知識も一緒に現場からなくなってしまいます。ベテランの作業員が、AR を利用した作業指示のために自らの知識を取り込むことで、3D CAD データを用いて AI を活用した検査手順を簡単に作成し、この手順を広範囲に伝えることができます。

遠隔支援

遠隔作業にはさまざまな課題がありますが、AR で明確に可視化することで、遠隔地と現場のギャップを埋めることができます。技術者とベテラン作業員は、現実の物理的な 3D オブジェクトに正確に固定されるデジタルな注釈をモバイルの画面またはデスクトップに描くことができます。これにより、ベテラン作業員は技術者にアドバイスを提供できます。

AR を利用した作業指示で課題を解決

ベテラン作業員の退職

ベテラン作業員は、現場を常に円滑に稼働させる方法を熟知しています。ベテラン作業員たちの退職が始まると、その知識も一緒に現場からなくなり、組織は窮地に立たされます。

スキルギャップの拡大

退職するベテラン作業員の後任として優れた作業員を見つけるには、大きな労力が必要です。National Association of Manufacturers (全米製造業者協会)によれば、米国では製造業におけるスキルギャップによって 2030 年までに 210 万人の欠員が発生する可能性があり、それに伴うコストは合計で 1 兆ドルに上ると見込まれています。

作業員のハイブリッド化と分散

作業員が分散し、専門知識をもつ人員が工場内または現場で不足するようになると、疑問点が生じた際に新人作業員が頼れるリソースがほとんど存在しなくなります。

不十分なツール

紙資料の作業指示では、職務を遂行するうえで必要な前後関係や情報を把握できません。Forrester 社の調査では、現場の作業員の 77% が、生産性の向上に必要な技術を利用できていないと回答しています。

AR を利用した作業指示のメリット

作業員の効率向上

現場でも工場でも、作業員は AR を利用した作業指示から状況に沿った明確な指示を受け、作業をより効果的かつ効率的に遂行できます。

稼働時間の改善

複雑な作業に関するアドバイスを提供するベテラン作業員と現場の技術者や顧客を結びつけ、ダウンタイムを削減し、迅速に問題を解決します。

知識定着の強化

より効果的なデジタルトレーニング方法と AR を活用した現場でのガイダンスにより、認知負荷を軽減し、新人作業員の生産性向上までの時間を短縮します。

コスト削減

正確で常に最新の AR を利用した作業指示により、トレーニング、ダウンタイム、品質不良に関連するコストを削減します。

継続的な改善とコンプライアンスの促進

作業員が最新の作業指示にアクセスし、現場で収集された重要な分析データを利用できるようにすることで、改善を見込める領域を特定できます。

安全性の強化

AR を利用した作業指示によって、状況に合った視覚的な警告、ガイドライン、知識チェックを作業員に提供し、安全性を向上できます。

AR を利用した価値の高い作業指示の作成がこれまでになく速く簡単に

Vuforia の AR ソリューションにより、ステップバイステップの作業指示を迅速に作成、編集、公開、配布し、グローバルな遠隔支援を実現できます。Vuforia の AR による作業指示を利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • デジタルスレッドでサポートされた直感的なコンテンツ作成で価値実現までの期間を短縮
  • 最先端のコンピュータービジョンと AI で没入型の作業指示を実現
  • 組織のニーズに応じて作業指示をクロスプラットフォームへ簡単に公開
  • 全社規模のセキュリティ、管理、拡張性

既存の 3D 製品データを自動的に取得して AR の作成を促進

作業指示をゼロから作成するプロセスは困難であり、それらの作業指示を確実にアップデートし適切な作業員に渡すプロセスはさらに複雑です。

企業が既存の複数のビジネスシステムを連携できれば、拡張現実 (AR) を利用した作業指示をより迅速に作成できるようになります。

AR コンテンツを個別に作成するのではなく、CAD、PLM、AR をシームレスに連携させることで、変動する複雑な製品ラインに対する AR の作業指示を柔軟に作成できるようになり、エンジニアとテクニカルライターの時間およびコストを削減できます。製品設計のアップデートや組立方法、サービス方法、検査方法などの変更が AR アプリケーション内に自動的に反映されるため、現場の作業員が確信をもって作業でき、精度が向上します。

Aberdeen 社のインフォグラフィックはこちら

AR を利用した作業指示の産業活用

製造

稼働時間を確保しスループットを向上させることは、生産能力の強化に不可欠です。また、現場の作業員が効率的に作業できることも重要です。AR を利用した作業指示によって作業員の能力を向上させ、ビジネスを成長させる方法をご確認ください。 詳細

サービス

サービス技術者に必要なツールを提供することは、初回修理完了率を改善するうえで不可欠です。視認性の高い遠隔サポートツールと AR を利用した明確な作業指示で技術者を支援すれば、迅速に問題を解決しコストを削減できます。 詳細

検査

品質不良は、顧客満足度だけでなく安全性にも影響を及ぼします。問題になる前に作業員が不具合を特定できるよう、最先端の AI による検査と 3D ガイダンスを活用する方法をご確認ください。 詳細

トレーニング

知識定着を強化し、信頼性を向上させる AR を利用した作業指示により、実務作業を開始できるようになるまでの時間が短縮され、新人作業員に必要な現場での指導が減少します。 詳細

Vuforia による作業指示を活用したお客様事例

magna
merck
steris
howden

Magna 社、品質管理とトレーニングのプロセスを AR で強化

Magna International 社傘下の Nascote Industries 社は Vuforia Expert Capture を導入し、新入社員のトレーニングの促進、品質検査の最適化、効率性の向上を実現しました。

お客様事例はこちら

Merck 社、高いレベルで作業を標準化

Merck 社は Vuforia Expert Capture を利用して、AR による明確で標準化された作業指示を作成することで、人為的ミスを最小限に抑え、一貫した作業を実現しました。

お客様事例はこちら

STERIS 社、AR で顧客による重大なミスの削減を支援

STERIS 社は Vuforia Studio を使用して明確な 3D の視覚的ガイダンスを提供することで、顧客の標準作業手順書 (SOP) コンプライアンスの強化、不具合の最小化、汚染リスクの削減を支援しました。

お客様事例はこちら

Howden 社、AR による遠隔支援でカスタマーサポートの向上を実現

Howden 社は Vuforia Chalk で AR による遠隔支援を導入し、世界中の顧客のサポートと作業員の生産性向上を実現しました。

お客様事例はこちら

Vuforia による作業指示のための各種ソリューション

Vuforia Expert Capture は使いやすい SaaS 型 AR ソリューションです。現場の作業員が現場で取得した専門知識と AI を活用した検査を使用して、作業の効率化を支援します。

Vuforia Studio は、デジタルスレッドを活用して既存の CAD、PLM、IoT のデータを AR による詳細な 3D の作業指示に変換します。これらの作業指示では、重要な情報を現実世界に重ねて表示します。

Vuforia Chalk は、高度な拡張現実 (AR) コラボレーションツールとリアルタイムのビデオを組み合わせて現場の技術者とベテラン作業員をつなぎ、拡張現実 (AR) を広範囲で迅速に利用できるようにします。

AR を利用した作業指示に関するよくあるご質問 (FAQ)

デジタルの作業指示と AR を利用した作業指示の違いは何ですか?

デジタルの作業指示は従来の紙資料の作業指示を進化させたもので、現場の作業員は記述された指示、写真、グラフ、その他の重要な情報をタブレット端末で確認します。ただし、この方法では指示に重要な前後関係が不明です。

デジタルの作業指示の進化版が拡張現実 (AR) を利用した作業指示で、重要な情報を現実の世界に重ねて表示します。作業員が 2D の画像または 2D の画面上の情報を実際の 3D 製品と比較する必要がなくなります。さらに、既存の 3D CAD、PLM、IoT のデータを利用して、作業員が必要な場所に必要なタイミングで作業員向けの重要な情報を追加することもできます。AR を利用した作業指示は、簡単に作成、展開、組織全体へ拡張できます。

拡張現実 (AR) を使用した作業指示を導入するにはどうすればよいですか?

拡張現実 (AR) を利用した作業指示を作成、導入する方法は複数あります。既存の CAD や PLM のデータがある場合はそのデータを活用して、AR を利用したモデルベースの作業指示を迅速に作成できます。CAD データがない場合も、ベテラン作業員が一人称視点で現場の知見を取得し、それを利用して簡単に作業指示を作成できます。

これらの AR を利用した作業指示を導入する際には、タブレット、スマートフォン、AR ヘッドセットに対してクロスプラットフォームで公開できます。これにより、すでに所有しているデバイスを利用した柔軟な導入が可能です。

AR 担当者へのお問い合わせ

リクエストが送信されるまでお待ちください...

Hallo {name}, さん、お帰りなさい。
別のユーザーですか?

  • アフガニスタン
  • Albania
  • Algeria
  • American Samoa
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antarctica
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • ベリーズ
  • ベナン
  • バミューダ諸島
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブーヴェ島
  • ブラジル
  • 英領インド洋地域
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • ブルキナファソ
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カメルーン
  • カナダ
  • カーボベルデ
  • カタルーニャ
  • ケイマン諸島
  • 中央アフリカ
  • チャド
  • チリ
  • 中国
  • クリスマス島
  • ココス(キーリング)諸島
  • コロンビア
  • コモロ
  • コンゴ
  • コンゴ民主共和国
  • クック諸島
  • コスタリカ
  • コートジボワール
  • クロアチア
  • キューバ
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • ジブチ
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • 東ティモール
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • 赤道ギニア
  • エリトリア
  • エストニア
  • エチオピア
  • フォークランド諸島(マルビナス諸島)
  • フェロー諸島
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • フランス領ギアナ
  • フランス領ポリネシア
  • フランス領南方・南極地域
  • ガボン
  • ガンビア
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ガーナ
  • ジブラルタル
  • ギリシャ
  • グリーンランド
  • グレナダ
  • グアドループ
  • グアム
  • グアテマラ
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ハード島およびマクドナルド諸島
  • ホンジュラス
  • 香港
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラク
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • 大韓民国
  • クウェート
  • キルギス
  • ラオス人民民主共和国
  • ラトビア
  • レバノン
  • レソト
  • リベリア
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ
  • マケドニア
  • マダガスカル
  • マラウイ
  • マレーシア
  • モルディブ
  • マリ
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • マルティニーク
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • マヨット
  • メキシコ
  • ミクロネシア
  • モルドバ共和国
  • モナコ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モントセラト
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ミャンマー
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • オランダ領アンティル
  • ニューカレドニア
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • ニジェール
  • ナイジェリア
  • ニウエ
  • ノーフォーク島
  • 北マリアナ諸島
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パナマ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ピトケアン島
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • カタール
  • レユニオン
  • ルーマニア
  • ロシア
  • ルワンダ
  • セントヘレナ
  • セントクリストファー・ネービス
  • セントルシア
  • サンピエール島およびミクロン島
  • サモア
  • サンマリノ
  • サントメ・プリンシペ
  • サウジアラビア
  • セネガル
  • セルビア
  • セーシェル
  • シエラレオネ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • ソマリア
  • 南アフリカ
  • サウスジョージアおよびサウスサンドウィッチ諸島
  • スペイン
  • スリランカ
  • セントビンセントおよびグレナディーン諸島
  • スーダン
  • スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
  • エスワティニ
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タンザニア連合共和国
  • タイ
  • トーゴ
  • トケラウ
  • トンガ
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • タークス・カイコス諸島
  • ツバル
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • イギリス
  • ウルグアイ
  • 合衆国領有小離島
  • アメリカ合衆国
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • バチカン
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • イギリス領バージン諸島
  • アメリカ領バージン諸島
  • ウォリス・フツナ諸島
  • 西サハラ
  • イエメン
  • ザンビア
  • ジンバブエ
  • コンサルタント
  • システムアドミニストレーション
  • 一般社員・契約社員
  • 会長・社長・役員・取締役
  • 執行役員・本部長・VP
  • 学生
  • 教授
  • 記者・プレス関係者・アナリスト
  • 課長・次長・マネージャー
  • 部長・室長・ディレクター

下のボタンをクリックして続行してください。

お問い合わせ