プラント内や複数のプラントにわたるベスト プラクティスの解明

IndustryWeek では、製造メーカーを対象に、競争力の維持、テクノロジの活用、プラント内や複数のプラントにわたるベスト プラクティスの解明をどのような方法で行っているかを調査しました。この短いビデオをご覧になり、どのテクノロジに投資するのかの決定、ベンチマーク戦略の採用、業界共通の課題の克服などを、同業者がどのように実施しているのかをご確認ください。

より優れたベンチマークを実現するプロセス

製造メーカーの 89 % は、今後数年間にわたる継続的な成長を予想しています。そのうち 22 % は、既に予想を超えた成長していると報告しています。プラント、プロセス、ラインなどの複雑さが増す中で、一貫して高いパフォーマンスを実現する方法を明らかにし実践するために必要な、信頼性の高い統合され標準化されたデータを手に入れる方法をご確認ください。

インフォグラフィックを見る

実証可能な ROI と信頼性の高いベスト プラクティスを確立する方法

インダストリー 4.0 のイニシアチブとプラント ベンチマーキング戦略により、生産性の向上、パフォーマンスの向上、より短期間でのスキルアップ、より的確な意思決定など、有意義な業務改善が可能になります。

ベスト プラクティスを確立するためのデータ主導の基盤を構築

信頼性の高いタイムリーなデータは、あらゆるプラント ベンチマーキング戦略における重要な構成要素の 1 つです。適切な担当者が適切なタイミングで適切なデータを入手する方法を調査し、正しい意思決定と実証済みのベスト プラクティスを確立するための強固な基盤を構築しましょう。

ThingWorx 製造アプリケーション試供版

工場に関するリアルタイム情報をわずか60 分で入手できるようになります。