• スペーシャル・コンピューティング

スペーシャル・コンピューティング

コンピューティングにおける大きなパラダイムシフトが人々の働き方に変化をもたらす。

スペーシャル・コンピューティングとは

スペーシャル・コンピューティングとは、機械、人、モノの動きと、その環境をデジタル化し、さまざまな作用と相互作用を実現して最適化する技術です。この技術は、企業が工場、現場、倉庫で勤務する作業員の業務を最適化する方法をデジタル化できる可能性を秘めています。

詳細はこちら

スペーシャル・コンピューティングの機能

新しい技術であるスペーシャル・コンピューティングは、製品、人、場所、プロセス全体の価値を高めるユースケースに無限の可能性をもたらします。ここでは、製造業界の現場においてスペーシャル技術を適用できる領域をいくつかご紹介します。

シームレスな相互作用を実現

シームレスな
相互作用を実現

拡張現実 (AR) をインターフェースとするスペーシャル・コンピューティングは、人、製品、プロセス、物理的な空間の間における、よりシームレスな相互作用を可能にします。

パフォーマンス管理のクローズドループ

パフォーマンス管理の
クローズドループ

空間内で発生する動きの全体像をリアルタイム、または一定期間にわたって把握することで、環境内の複雑な構造を最適化します。

機械による空間の認知を改善

機械による空間の
認知を改善

スペーシャル技術により、機械そして自動化された装置が周囲の環境をよりよく認知できるようになります。

設計と業務の最適化

設計と業務の
最適化

利用率、効率性、安全性を向上させるために、物理的な空間がどのように使用されているか把握します。

スペーシャル・コンピューティングの適用

作業員のパフォーマンス測定のためのスペーシャル分析

スペーシャル・コンピューティング技術により作業員のパフォーマンスを向上させる方法をご確認ください。まず、物理的な空間内の工程全体をデジタル化します。次に、スペーシャル分析により動きのパターンと手順に費やされた時間を分析し、工程を継続的かつ動的に最適化します。

ロボットアーム向けの使いやすいプログラミング

スペース機能により人とのやり取りをどのように最適化して支援するか、詳細をご確認ください。このビデオでは、スペーシャル技術がロボットアームをプログラミングする作業員を支援します。ユーザーインターフェースとして使用されているのは、拡張現実 (AR) です。

工場におけるスペーシャル・コンピューティング

double-dash
small-dots
spatial-computing-factory-industrial-wide

スペーシャル技術により、メーカーは以下を実現できます。

  • 発見 - 人、機械、モノの動きとその環境をデジタル化し、意味のある相互作用や関係性を特定します。
  • 相互作用 - 人、機械、モノ、その環境の間でアナログとデジタル両方のシームレスな相互作用を実現します。
  • 最適化 - 分析を適用して、人、機械、モノ、その環境のプロセス、またそれぞれの間のプロセス継続的かつ動的に最適化します。

スペーシャル・コンピューティング技術の詳細情報

01

人と機械の相互作用を実現する次世代の技術

スぺ^シャル技術と、この技術が未来の仕事で果たす重要な役割について、PTC の構想をご紹介します。

 製造における未来の仕事のデジタル化
02

2021 年のメーカーにお勧めする 6 つの機能

スペーシャル技術はメーカーの職場を作り変えます。スペーシャル技術が、ニューノーマルでも成功を収めるために注目すべき技術の 1 つである理由をご確認ください。

spatial-computing-capabilites-industrial-companies-495x655
03

スペーシャル分析: 空間ごとに課題を解決

PTC Reality Lab のスペーシャル分析の取り組み、この新しい技術でどのように作業空間内の問題の本質を捉え、解決策に結び付けるかをご確認ください。

spatial-computing-analytics-750x500
04

建物規模の拡張現実 (AR) への画期的な移行

PTC Reality Lab は、スペーシャル技術に取り組み、拡張現実 (AR) を現実的な規模で直感的なユーザーインターフェースとする方法を検討しています。

spatial-computing-ar-architecture-scale-495x655