• plm
  • manufacturing process management

製造プロセス管理

場所を選ばない構築と製造: 設計と製造の間の情報の流れをシームレスに。

製造への PLM の拡張

顧客主体の製品構成の急激な増加により、製造業ではより柔軟に製品を製造する手法を見つけなければならなくなりました。そこに、サプライチェーンの断絶、進化する安全規制、市場投入期間にまつわるプレッシャーと課題が加わり、製造業は非常に厳しい状況にあります。

製造プロセス計画 (MPM) は、現代の動的な「工場固有の」製造環境に対応するためのツールと手法を提供し、すべてが PLM を介して調整されます。MPM は作業現場と設計、サプライヤー、物流、品質を結びつけ、より俊敏なコネクティッド・エンタープライズを実現します。

生産強化にかかる時間の短縮

最高の製品を設計するだけでは不十分です。競争上の優位性を維持したいのであれば、製品を遅延なくリリースする必要があります。生産能力の拡大ペースが予想より鈍い場合、営業機会が失われるおそれがある一方、品質に関する問題が発生するとブランドの評価を損ないかねません。

MPM の基盤は製品データの単一の正しい情報源であるため、連携性、トレーサビリティ、変更制御、セキュリティが実現します。そしてその自動化によって、設計と製造の同時進行が可能になります。計画担当者はデータについて信頼を深め、エラーと手作業のプロセスが減るというメリットを得られます。

企業では、製造までにかかる期間が短縮され、設計の小さな変更が製造に大きな影響を与えないようにすることが可能になります。こちらのビデオで、Polaris 社の事例をご確認ください。

The Right Data at the Right Time with mBOM

適切なデータを適切なタイミングで

製造部品表 (MBOM) は、製造プロセスの進め方の鍵となります。製品構成規則の土台となるもので、新しい材料の追加先でもあります。プロセス計画では、製品のアセンブリ方法を MBOM から確認できます。PTC の PLM ソフトウェアが備える MPM 機能を利用することで、作業現場から収集したデータを MPM に取り込み、プロセス効率を高めることができます。技術的な作業指示が、作業の実施前に、または作業の完了を支援するために、オンデマンドで(画面上または拡張現実で)利用者に提供されます。

主な製品機能

製造計画プロセスでデジタル製品設計情報を利用、統合できます。

  • EBOM から MBOM への双方向の連携性: 3D データと構造化されたメタデータを、体系的なトレーサビリティによる BOM 変換(同等のリンク)と関連 BOM 間の調整に利用

  • プラントマスターデータの管理: さまざまなビュー、部品番号、ブランチ、プラント固有の情報などを含む、向上固有の MBOM 構造を作成

  • 検証: 作業現場と共有する前に、定義済プロセスの時間、コスト、実行可能性を検証

  • 変更管理の統合: プロセス計画への製品設計変更の反映を効率化

  • プロセス計画とリソース管理: 複数のオペレーションシーケンスとリソースライブラリ(工場、作業拠点、治具、スキル、加工材料など)で、工場固有のプロセス計画を定義

  • 視覚的な作業指示: 状況に合わせたビジュアル(ドキュメント、デジタル、AR)を使用した作業指示を動的に生成

  • 他のシステムとのやり取り: 製造プロセスおよび成果物を下流の ERP / MRP チームまたは ESI および WRS に統合

  • デジタル品質: 3D 管理特性を定義してプロセス計画オペレーションに割り当て。非ジオメトリ管理特性と標準管理特性のライブラリの定義。品質プロセスの統合(PFMEA など)

  • 工場のデジタルツイン: スマートファクトリーを、プロセス計画定義のためのデータとする

  • 3D ビジュアリゼーション: MPM 対応の Creo View は、製造製品構造から情報を読み取り可能

お客様事例

製造プロセスを組織全体で改良している同業企業の事例をご確認ください。

BMW の事例: 俊敏な変革の実現

BMW 社は、製造計画を同時に行うことで、製品開発サイクルを短縮しました。

Web キャストはこちら

CNB 社の事例: カスタマイズ可能なヨットの製造

CNB 社は、関連するすべての製品情報を単一の記録システムで管理し、設計と製造の間で情報をデジタルにリンクしています。

事例はこちら

PTC の PLM プラットフォーム、Windchill の詳細

PTC の主力 PLM 製品、Windchill の詳細をご確認ください。ビジネスの成長を支える、業界でも実証済みのソリューションです。デジタルスレッドの基盤として利用される Windchill は、設計から製造、サービス、その他必要とされる社内外の関係者まで、エンタープライズ全体で共有できる唯一の正しい情報源を提供します。

Windchill では、設計変更が下流のチームに自動的に伝達されるため、下流のチームは最新の構成および製品情報にアクセスしているという確信を得ることができます。製造ではその後、この情報が MBOM、プロセス計画、作業指示の自動作成に使用されます。

Windchill は、グローバルなコラボレーションやイノベーションに適した、信頼性、拡張性、スケーラビリティに優れたプラットフォームであり、150 万ライセンス以上の導入実績があります。

WINDCHILL の詳細はこちら

お問い合わせ

組織のすべての関係者が製品データにすばやく簡単にアクセスできるようにしましょう。PTC の製品ライフサイクル管理ソリューションである Windchill は、組織のサイロ化の解消を支援して以下を実現します。

  • 市場投入までの期間の短縮
  • コストの削減
  • 製品の品質向上
  • イノベーションに割り振る時間の増加

Windchill は、組織が大規模なデータセットを管理するために必要なパフォーマンスを提供します。サブスクリプション価格設定を利用すると、必要な機能だけを契約することができます。また、ThingWorx IoT プラットフォームと簡単に統合することが可能で、現場のスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) から入手したデータをデジタルツインに活用できます。

Windchill の詳細情報をご希望の場合は、フォームにご記入ください。後ほど担当者から連絡いたします。

私は、私の個人情報がPTCのプライバシーポリシーに従って処理され、PTCの製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc.の子会社やPTCパートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。


リクエストが送信されるまでお待ちください...