変更および構成管理

ガバナンスの組み込みにより、自動的、正確、協調的な変更および構成管理をエンタープライズレベルで実現。

変更による影響の予測と管理

製品のライフサイクルで生成されたデジタルデータは、その製品にかかわる関係者と同様、多岐にわたっています。さまざまな業務システムに分散しているだけでなく、時間の経過に応じて、しかも短期間で変化することも珍しくありません。

PLM を使用すれば、データガバナンスとデータ連携性を確立し、すべての変更と構成を完全に定義、制御することができます。これにより、繰り返し可能な自動ワークフローを使用して、タスクを確実に担当者に割り当てることができます。正確かつ効率的に変更が反映され、問題が解決されるようになります。

新製品の市場投入と製品変更のリードタイムの削減

組織全体に及ぶ変更の影響を理解することは、組織の規模の大小にかかわらず重要です。結局のところ「効率的な変更プロセスにより、一般的な製品開発サイクル時間を最大 33 % 削減できる」 (McKinsey and Company) のです。

PTC の PLM なら、最も正確なデータをリアルタイムでk業のすべての関係者に提示し、部門の垣根を越えて情報を伝達することができます。変更および構成管理にまつわる PTC のベストプラクティスを標準とすることで、より多くの情報に基づいた意思決定が可能になり、低品質によって発生するコストを削減できるようになります。変更の反映にかかる時間が減少し、新製品の市場投入期間を短縮できます。

Deliver Enterprise Change Coordination, Access and Visibility

企業レベルでの変更の調整、変更へのアクセス、変更の可視性

PTC の PLM システムは、変更と構成を企業全体で自動的に管理、伝達、追跡します。レビューおよび承認プロセスにおいて、変更のすべての側面に簡単にアクセスできるため、組織全体でのコラボレーションがシンプルになります。

変更予定が自動的にハイライトされ、影響を受ける部品、ドキュメント、CAD 設計の最新バージョンを手早く特定できます。製品の成熟状態の履歴と変更が及ぼす影響を、変更を反映する前に把握できます。

主な製品機能

組織全体で、動的かつ迅速で協調的な変更プロセスを確立できます。

  • 標準化された自動変更管理: ファースト(簡略化された監視)、フル(完全な CRB/CIB レビュー)、基本(非常に軽い CN)

  • 変更プロセスの開始: 顧客からのクレームまたは不適合を原因とする、あるいは CAPA のための変更を開始

  • 問題レポートのワークフロー: 関連する変更リクエストへの問題レポートの添付を求めるオプション

  • 偏差または免責:標準的な変更ワークフローの一環として、製品またはプロセスに「一時的な」変更を取り込む

  • 変更リクエスト: 技術面またはビジネス面での正当性を評価し、変更レビュー会議で小規模または大規模な変更(ファーストトラックまたはフルトラック)を計画

  • 変更通知ワークフロー: 実施計画を作成して実行し、変更管理会議のレビューをスケジュールし、監査結果の通知を受け取る

  • 電子署名: 監査証跡で製品データに関連付けられているサインオフ、マークアップ、コメントなどの変更記録

  • 電子署名: 監査証跡で製品データに関連付けられているサインオフ、マークアップ、コメントなどの変更記録

  • 製造システムとの自動同期: 変更が解決されたら、更新された情報を下流システムにパブリッシュ

  • ビジネス規則: プロセスを企業の方針に確実に一致させる

  • 組み込まれた要件情報: CAD 設計者専用の変更管理通知に、要件へのリンクを記載

お客様事例

PTC の PLM ソフトウェアを変更および構成管理に活用している同業企業の事例をご確認ください。

Vaillant Group の事例: エンジニアリング変更通知の効率化

Vaillant 社は、ECN(エンジニアリング変更通知)の反映にかかる期間を 150 日から 90 日に削減しました。

お客様事例はこちら

Airbus 社の事例: 次世代ヘリコプターに PTC ソリューションを活用

Airbus Helicopter 社は、最新型の H160 ヘリコプターを納期どおりに、基準を満たす品質で提供する必要がありました。同社は PTC の PLM 変更および構成管理機能を利用して、それを実現しました。

詳細はこちら

Navantia 社の事例: 変更管理の自動化

Navantia 社は PTC の PLM プラットフォームを利用して、変更を組織的に承認、自動化できるようにしました。これにより企業の全チームが、正確な情報をリアルアイムに入手できるようになりました。

事例はこちら

PTC の PLM プラットフォーム、Windchill の詳細

業界をリードする PTC の PLM プラットフォーム、Windchill を利用する製造業では、製品ライフサイクル全体で動的、迅速、協調的に変更を加えることができます。すべての関係者が、最新の製品情報に確実にアクセスすることが可能になります。Windchill の核となる概念は「製品ライフサイクル全体でスケーラブルかつカスタマイズ可能なトレーサビリティを実現すること」です。これによって、エンタープライズ全体の可視性が高まり、より迅速かつ正確に市場からのプレッシャーに対応できるようになります。

WINDCHILL の詳細はこちら

お問い合わせ

組織のすべての関係者が製品データにすばやく簡単にアクセスできるようにしましょう。PTC の製品ライフサイクル管理ソリューションである Windchill は、組織のサイロ化の解消を支援して以下を実現します。

  • 市場投入までの期間の短縮
  • コストの削減
  • 製品の品質向上
  • イノベーションに割り振る時間の増加

Windchill は、組織が大規模なデータセットを管理するために必要なパフォーマンスを提供します。サブスクリプション価格設定を利用すると、必要な機能だけを契約することができます。また、ThingWorx IoT プラットフォームと簡単に統合することが可能で、現場のスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) から入手したデータをデジタルツインに活用できます。

Windchill の詳細情報をご希望の場合は、フォームにご記入ください。後ほど担当者から連絡いたします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...