前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 . . . 最後へ
DOWNLOAD

デジタルスレッドで企業規模のデジタルトランスフォーメーション (DX) と革新を促進

コラボレーションと部門の垣根を越えた変革のためのビジネスケース

メーカーは大きな混乱に直面しており、競争力を維持するにはデジタルトランスフォーメーション (DX) が不可欠であることを何年も前から認識していました。そこに新型コロナウイルス感染症が発生し、デジタルトランスフォーメーション (DX) の必要性がさらに高まっています。感染拡大によってサプライチェーンが分断され、労働力の分散やリモートワークが進みました。また、需要が大幅に変化し、フィールドサービスの提供に関する課題も増加しました。これらの変化に対応するために、メーカーはデジタル化への投資を加速しています。McKinsey 社によれば、この領域での進化は現在、予定よりも 3~4 年も前倒しで進んでいるそうです。1

多くの企業は、デジタルトランスフォーメーション (DX) への取り組みの中で部門ごとの最適化に投資しています。しかしこのアプローチの事例のうち、3 分の 2 が目標に達しないか、取り組みを継続できていません。2 一般的には、バリューチェーンの各要所に投資すれば、バリューチェーン全体を最適化できると考えられています。しかし実際、それでは競争が生まれるだけです。アクセンチュアの調査では、調査対象となったメーカーの幹部の 75% が、デジタル化への取り組みにおいて各部門が互いに競い合っていると回答しています。3 そしてこれにより、コストの重複が発生します。

Drive-enterprise-digital-transformation-image-1

「部門間の競争によってデジタルプロジェクトへの投資が重複することで、結果的に 6.3% のコスト増を企業の経営陣は見込んでいます」4 コストの増加に加えて、業務のサイロ化によりデータのサイロ化も発生しています。つまり、従業員が必要な情報をほかの部門から入手できなくなり、コラボレーションが妨げられているのです。

PTC が最近実施したデジタルスレッドの現状に関する調査では、リーダーの 74% が、企業全体でデータを活用する能力を向上させることが、混乱した状況に対応するうえで有効、または非常に有効であると

 

1McKinsey 社2McKinsey 社3アクセンチュア4アクセンチュア