前へ 1 2 3 4 5 . . . 最後へ
DOWNLOAD

部品の再利用でコストを大幅に削減

部品の分類がもたらす価値の定量化

plm-parts-classification-1000x400

例えば、ある企業が、年間 1 万個の部品を 1 個あたり約 5,000 ドルで導入しているとして、部品の再利用率を 2% 改善するだけでも、数百万ドルを削減できる可能性があります。そうであれば、企業は部品を整理して分類し、再利用率を改善するべきだと思いませんか?また、実際の新規部品の導入コストおよび製品のライフサイクル全体での管理コストの計算方法や、部品の重複を回避する最適な方法はご存じでしょうか?

バリューチェーン全体での部品のライフタイム

部品のライフタイムバリューについては、最初の製造コスト以外の要素も考慮する必要があります。以下の例では、プロジェクトから生産、アフターマーケットへと続く、部品のライフサイクルに関与するさまざまなチームの概要を示しています。



製品開発
 

製品メンテナンス
品質調査、設計、寸法決定、テスト、PDM 管理など

 
 
 
製品開発 

サプライヤー
調達および訪問

プロセスおよび品質保証(サプライヤー側)
年間コスト交渉

 
 
 
オペレーション

マテリアルハンドリング
設定、予測、発注
品質保証管理

社内のマテリアルハンドリング
物流、保管、梱包、キッティングの準備
組立の流れ
順序付け、資材管理

 
 
 

アフターマーケット

スペア部品の設計
製造とメンテナンス

サプライヤー
調達と購買

 

システム管理
在庫管理

保管
倉庫、在庫、スクラップ処理

物流

3 年
プロジェクトフェーズ

5 年
生産フェーズ

15 年
アフターマーケットフェーズ