部品分類と再利用がもたらす機会

現代の製造業では、常に革新の先を行き、戦略的な選択に基づいて製品を設計し、市場投入期間を短縮することが不可欠です。その中で課題となっているのが、製品の複雑性による部品の増加で、部品の検索が困難となり管理も行き届かないことです。この課題は部品の重複を多発させ、結果として、調達、製造、品質管理、販売、サービス全体で業務を遅延させ、コストを増加させる可能性があります。

新規部品の作成プロセスを管理することで、大幅なコスト削減を実現できるだけでなく、再利用の促進と部品数の全体的な削減によって、効率性と生産性の向上を実現できます。また、部品分類によって製造が容易になり、質の高い製品を迅速に市場に投入できるようになります。

部品分類がもたらす再利用のメリット

部品分類プロジェクトを実行することで、多額のコストを削減できるだけでなく、他にも多くのメリットを享受できます。また、部品再利用により、在庫の複雑性の緩和、サプライチェーンの相乗効果の特定、アフターマーケット在庫コストの最小化が可能になります。設計チームは、企業全体に良い影響を与えるこのプロジェクトを足がかりに、社内に PLM の価値をさらに広めることができます。

 

製品コストの削減

  • 設計、製造、アフターマーケットの各段階における重複部品のコストを削減
  • 優先サプライヤーの活用によるコストの最適化
  • 材料費の削減しと利益率の向上

リードタイムの改善

  • 新製品導入 (NPI) プロセスにおける新規部品の作成、調達、サポートにかかる手作業の削減
  • 将来的な混乱と在庫不足を回避するための戦略的な部品備蓄の確保

効率性の向上

  • 既存部品および部品アセンブリの再利用性の向上
  • 目的の部品や優先サプライヤーの検索に必要な時間の削減
  • 製造部門の適切な治具の準備と検証を支援
  • 正しい代替部品の特定を容易にし、迅速なカスタマーサービスを促進

Windchill によるプロセスの早期段階での部品分類の導入

PTC の PLM プラットフォームである Windchill は、サプライヤーのステータスや使用されている材料などの重要な属性に沿って部品を分類します。たとえば、サプライヤーが「承認済みで優先」、「承認済みだが優先ではない」、「使用しない」のうちどれに該当するか。また、部品の作成に使用された材料が持続可能性の取り組みに対応しているか、などの基準で分類できます。Windchill は部品ライフサイクル全体に渡って、調達による新規部品の認定、設計による推奨部品の選択、サプライチェーンにおける部品と材料の不足回避の戦略策定に関する情報を、分類情報として結び付けます。

設計段階では、階層的な分類法によって部品を分類できます。これにより、ハードウェア部品、ソフトウェア部品、電気部品、調達部品などのカテゴリ別に部品を簡単に分類できます。このような分類法を定めることで、設計者と設計チームは任意のパラメータでセルフサービスの検索機能を活用し、目的の部品または類似した部品を見つけることができます。また、部品の分類時に、部品の属性として品質に関する正確なデータが追加され、下流工程でも役立ちます。

サプライヤー管理 (SUMA) により、製品の定義時に、どの部品をどのサプライヤーから調達できるかを把握できます。Windchill では、ベンダーおよびメーカーとその部品を一覧で確認できます。

ここで、部品分類を開始する際に PTC がお勧めする 5 つのベストプラクティスをご紹介します。

1.重複部品を回避するための部品管理戦略を策定する
2. 戦略的な部品の作成を担当する「グローバルモジュールオーナー」という役職を新たに設置する
3. 汎用部品に焦点を当てた、補助属性を含む部品分類法を確立する
4. 購買およびサプライチェーン向けの重要な属性(使用されている材料、材料の在庫、サプライヤーの分類)と分類法を連携させる
5. 部品分類法を拡張し、特殊部品(社内および外注)を含める

Windchill の部品分類製品の主要な機能

部品再利用でコストを大幅に削減: 部品分類がもたらす価値の定量化

このガイドでは、コスト面でのメリットを計算するためのフレームワークを使用して、部品分類がもたらす価値をご紹介します。

お問い合わせ

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。


リクエストが送信されるまでお待ちください...