前へ 1 2 3 4 5 6 7 . . . 最後へ

PDM から PLM への移行

デジタルスレッドの基盤を構築した Volvo CE 社の方法

Volvo CE 社は、自社を含めた関係企業向けに製品を中心とした情報の屋台骨を提供するために、統一されたライフサイクル管理 (PLM) システムを必要としていました


スウェーデンのヨーテボリを拠点とする Volvo Construction Equipment (CE) 社は、高品質な建設機械を製造する世界屈指のメーカーです。建設分野での 180 年以上に及ぶ経験から得た技術力と、14,000 人を超える従業員の知識を活用し、180 カ国以上に製品とサービスを提供しています。イノベーションを戦略と企業文化の中心に据えた Volvo CE 社は、あらゆる建設業務に最適な機械とソリューションを提供することで、顧客の成功を確かなものにしています。

刻々と変化する市場現場、製品ライフサイクルの短期化、製品の複雑化により、Volvo CE 社のような産業組織は変化を求められています。さまざまな企業がこれに対応するために、新しいビジネスモデルの構築、生産の分散化による業務のグローバル化、

カスタマイズされた製品や良質なサービスを提供しています。Volvo CE 社は、主要なビジネス機能を手に入れ、長期的な成長を確保するために、デジタルトランスフォーメーション (DX) のビジョンの定義に着手しました。

長い歴史をもつ多くの企業と同様に、企業合併や買収は、Volvo CE 社の製品およびサービスポートフォリオに影響を与えています。この 40 年間で、少なくとも 4 種類の製品データ管理 (PDM) システムを基盤とする、複雑でコストのかかる IT 環境が出現しました。結果的に、投資能力の大部分が古いシステムの運用を維持するために費やされていました。作業方法を改善するための投資は、ほとんど、あるいはまったく行われませんでした。

Volvo CE 社は統合製品ライフサイクル管理 (PLM) システムを必要としていました。そこで選ばれたのが PTC の Windchill です。Windchill はデータガバナンスおよびトレーサビリティのための総合的な PLM ソリューションであり、設計、運用、サプライヤー、エンドユーザーに信頼できる正しい情報源を提供します。デジタルスレッドと一貫性のある製品アーキテクチャーを構築することで、Volvo CE 社の部門を越えた複数のチームが、ハードウェアとソフトウェアの複雑性を一元管理できるようになりました。