• plm
  • 製品の変動性管理

製品の変動性管理

複雑なバリエーションとコンフィギュレーションを幅広く管理

ライフサイクル全体で製品の多様性に対応

製品の多様性はこれまで、業務効率の敵でした。プロセスの複雑化、さまざまなエラー、開発および品質関連コストの増大を招くためです。しかし、競争の激しい現代のグローバル市場では、顧客の様々な好みや新興市場固有の要件を満たすことができれば、収益が増加する可能性が高まります。

PLM は製品の変動性管理に幅広く対応しており、製造業での「選択肢を考慮した設計」を実現します。ジオメトリ、組み込みソフトウェア、さまざまな情報群、すべてのコンフィギュレーション可能な組み合わせ情報が、単一で正しいデータソースを使用して部門レベルで処理されます。

顧客のニーズに合ったターゲット製品を提供し市場シェアを拡大

従来の製造手法では、バリエーションや構成の生産がより複雑になります。製品の多様性により、在庫が増え、スケールメリットは減少し、サービスの効率性が低下します。また、製造時のエラー、コンプライアンス違反のリスクも高まります。

PTC の PLM では、開発者が以前の設計を再利用できるようになるため、市場投入期間が劇的に短縮されます。コンフィギュレーション固有のプロセス計画と作業指示により、製造パフォーマンスが安定します。設計部門が技術者に製品固有の情報を提供するようになるため、初回修理完了率が高まります。つまり、こうしたメリットを実現する PTC の製品バリエーション管理機能により、製造業ではライフサイクルコスト全体を低く抑えながら、より効率的に新たな市場機会を追い求めることができます。

Product Variability Management
Managing Controls, Platform Modules, and Configurations

コントロール、プラットフォームモジュール、コンフィギュレーションの管理

製品を新たな手法または異なる手法で定義するという決定を下した時点で、プラットフォーム戦略が始まります。これらの戦略の基盤となるのは、計画されているバリエーションすべてに共通する主要な機能を含む基本製品プラットフォームです。

PTC の製品の変動性管理を利用すると、製品バリエーションを戦略的に設計、製造、管理、検証できます。プラットフォームのオプション、選択肢、ロジック、コンフィギュレーション規則が直接、部品表 (BOM)、3D ビジュアリゼーション、CAD データにリンクされ、強力なモジュール式ソリューションを手に入れることができます。プラットフォーム情報は完全にライフサイクル管理できるため、この情報を利用して製品の検証や、ERP や CPQ などの他のエンタープライズツールとの共有が容易になります。

主な製品機能

市場、地域、顧客固有の需要がもたらすさまざまな要件を満たすために、製品バリエーションを一貫して管理します。

  • オプションプール/オプションセット: 企業にオプションとロジックの管理機能および可視性を提供し、スプレッドシートの必要性を排除する

  • 高度なロジック: 範囲に基づく変数やケーステーブルなどを使用して、受注仕様生産のニーズに対応するためのより複雑な変数ロジックを記述する

  • バリエーション BOM の設定: 注文内容固有のバリエーションのコンフィギュレーションを作成するか、これらを使用して共通のプラットフォームに基づいた在庫を記述する

  • 独立した割り当て済みの式: 設計部門が BOM のロジックのみの更新を行わなくても、顧客の製品を更新できる

  • ロジック、規則、構造のエクスポート: ERP および CPQ システムに対する共通のプラットフォームロジックを共有することで、ロジックの共通定義と変更管理が可能になる

  • 変更管理: ローカルおよびグローバル規則のエフェクティビティ管理により、設計から ERP システムで管理されているプラント固有の製造情報まで、変更を同期する

  • バリエーションのベースライン: 製品ファミリー定義と併用して、プロトタイプの開発とバリエーション仕様の検証を管理する

お客様事例

同業企業による製品の変動性管理での PLM の活用事例をご確認ください。

BMW 社: グローバル規模で顧客重視の製品を提供

BMW 社は、多様性と機能性を強化しながら、ますます複雑化するパーソナライズされた車をこれまでより迅速に提供できるようになりました。

オンデマンド Web キャストはこちら

Groupe Beneteau 社の事例: 選択肢を考慮した設計

Groupe Beneteau 社は、製品変動性管理を使用してボートのマスカスタマイゼーションを可能にした結果、市場シェアの拡大を実現しました。

ビデオはこちら

PTC の PLM プラットフォーム、Windchill の詳細

PTC の主力 PLM 製品、Windchill の詳細をご確認ください。ビジネスの成長を支える、業界でも実証済みのソリューションです。組織のデジタルスレッドの基盤として利用される Windchill は、複数の製品ラインをカスタマイズするためのグローバルチームによる大規模な製品変動性管理の手法を変革します。

Windchill は、グローバルなコラボレーションやイノベーションに適した、信頼性、拡張性、スケーラビリティに優れたプラットフォームであり、150 万ライセンス以上の導入実績があります。

WINDCHILL の詳細はこちら

お問い合わせ

組織の全ての利害関係者が製品データにすばやく簡単にアクセスできるようにしましょう。PTC の製品ライフサイクル管理ソリューションである Windchill は、組織のサイロ化の解消を支援して以下を実現します。

  • 市場投入までの期間の短縮
  • コストの削減
  • 製品の品質向上
  • イノベーションに割り振る時間の増加

Windchill は、組織が大規模なデータセットを管理するために必要なパフォーマンスを提供します。サブスクリプション価格設定を利用すると、必要な機能だけを契約することができます。また、ThingWorx IoT プラットフォームと簡単に統合することが可能で、現場のスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) から入手したデータをデジタルツインに活用できます。

Windchill の詳細情報をご希望の場合は、フォームにご記入ください。後ほど担当者から連絡いたします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...