製品バリエーション管理 | PLM

複雑なバリエーションと構成を幅広く管理します。

バリエーション管理の概要とその重要性

製品バリエーションとはマスター製品との相違点のことを指し、機能性、材料、色、性能レベルの違いなどがあります。製品バリエーション管理は製品ライフサイクルを通してバリエーションを管理するプロセスです。現代の製品メーカーにとって、成熟した製品バリエーション管理は非常に重要です。これにより製品プラットフォーム戦略を効率的に実行し、「一度限りの」リクエストにも迅速に対応できるからです。また、エンジニアリングコストを削減するほか、顧客のニーズをより多く満たすさまざまな製品ポートフォリオを提供することで、収益の最大化も可能にします。

製品ライフサイクル全体で製品の多様性に対応

競争の激しい現代のグローバル市場では、顧客のさまざまな要件を迅速かつ効率的に満たすことができれば、収益拡大の可能性が高まります。製品のバリエーションが増加すれば、さまざまなメリットがもたらされるとともに複雑性も増加します。適切なツールによるサポートがなければ業務の効率とプロセスは複雑化し、不具合や品質コストの増大を招きます。高度な PLM および ALM 機能は、製品バリエーション管理を幅広くカバーし、製造業における「選択肢を考慮したエンジニアリング」を実現します。製品形状、組み込みソフトウェア、構成情報、構成可能なロジックはすべて、単一のデータソースで処理されます。

バリエーション管理のメリット

市場シェアの拡大

効果的な製品バリエーション管理は、市場シェアと収益性を最大化するための顧客セグメンテーション戦略を成功に導きます。

エンジニアリングコストの削減

信頼できるエンジニアリング成果物を製品ライフサイクル全体で最大限再利用できるため、全体的なエンジニアリングコストを削減できます。

柔軟な戦略策定

高度なバリエーション管理機能があれば、低コストの材料にすぐに切り替える、ある顧客向けにカスタマイズした製品を迅速に開発する、競争上の脅威に直ちに対応することなどが可能です。

製品の品質向上

品質管理プロセスで共通の部品やプラットフォームに集中できるため、全体的なコストを削減しながら高品質の製品を提供できます。

市場投入までの期間短縮

再利用を最大化することで、従来よりもはるかに短い時間で新製品を市場に投入できます。

顧客のニーズに合った製品バリエーション管理で市場シェアを拡大

従来の製造方法では、バリエーションの生産や構成がより複雑になります。製品の多様化により、在庫が増え、スケールメリットは減少し、サービスの効率性が低下します。また、製造時のエラー、コンプライアンス違反のリスクも高まります。

PTC の製品バリエーション管理ソリューションでは、開発者が以前の設計を再利用できるため、市場投入までの期間が劇的に短縮されます。また構成別のプロセス計画と作業指示により、製造パフォーマンスが安定します。設計部門がサービス技術者に製品固有の情報を提供するようになるため、初回修理完了率が高まります。つまり、このようなメリットを実現する PTC の製品バリエーション管理機能により、製造業ではライフサイクルコスト全体を低く抑えながら、より効率的に新たな市場機会を追求できるのです。

制約、プラットフォームモジュール、構成の管理

プラットフォーム戦略は、製品を新たな方法や異なる方法で定義すると決定された時点で始まります。この戦略の基盤となるのは、計画されているバリエーションすべてに共通する主な機能を含む基本製品プラットフォームです。

PTC の製品バリエーション管理を利用すれば、製品バリエーションを戦略的に設計、開発、管理、検証できます。プラットフォームのオプション、選択肢、ロジック、構成ルールは部品表 (BOM)、3D ビジュアリゼーション、CAD データに直接リンクし、高性能なモジュール式ソリューションを実現します。プラットフォーム情報は完全なライフサイクル管理が可能なため、この情報を製品の検証や、ERP および CPQ などのほかのエンタープライズツールとの共有に簡単に利用できます。

主な製品機能

オプションプール/オプションセット: オプションとロジックの管理機能および可視性を提供し、Excel の必要性を排除する

高度なロジック: 範囲に基づく変数やケーステーブルなどを使用して、受注仕様生産のニーズに対応するためのより複雑な変数ロジックを記述する

製品ファミリーマトリックス: 構成の計画を迅速に確認し、必要に応じて更新する

独立した割り当て済みの定義式: エンジニアリング部門が BOM のロジックのみの更新を行わなくても、顧客の製品を更新できる

規則ロジック: 製品の構成方法を定義するさまざまな規則を含むロジックを作成する。エンジニアリングとマーケティングのロジックを作成して連携させる

複数の開発ライン: 同時開発中の複数の開発ブランチを管理する。マージされた変更を完全に管理し、高い製品品質を維持する

変更管理: ローカルおよびグローバル規則の有効性管理により、設計から ERP システムで管理されている工場固有の製造情報まで、変更を同期する

バリエーション BOM の設定: 注文内容固有のバリエーションの構成を作成したり、それらを使用して共通のプラットフォームに基づいた在庫を記述する

お客様事例

製品バリエーション管理に PLM を活用している事例をご紹介します。

Groupe Beneteau logo
volvo-ce-logo-margin

Groupe Beneteau 社: 選択肢を考慮したエンジニアリング

Groupe Beneteau 社は、製品バリエーション管理によって船舶のカスタマイズを可能にした結果、市場シェアを拡大しました。 動画はこちら

Volvo CE 社: 開発業務の統合

Volvo CE 社は、5 つの製品ライン、270 のモデル、1 万 8,000 以上のオプション、11 の工場で企業間コラボレーションを実現しました。 詳細はこちら

Windchill

Codebeamer

Windchill Windchill は、業務の効率化を支援する PLM ソリューションです。この包括的なソリューションは世界中に導入され、150 万人以上のユーザーが自社のデジタルスレッドにアクセスできるよう支援しています。グローバルチームが Windchill を活用して、大規模な製品バリエーション管理方法を変革し、複数の製品ラインをカスタマイズした方法をご確認ください。 Codebeamer Codebeamer は、先進的な製品やソフトウェア開発に対応した ALM プラットフォームです。ALM の機能と製品ラインの構成機能を拡張できるオープンプラットフォームで、複雑なプロセスに対して独自の構成を適用できます。

よくある質問 (FAQ)

製品オプションと製品バリエーションの違いは何ですか?

製品オプションと製品バリエーションは密接に関連していますが、それぞれ異なる機能です。製品オプションは、顧客が製品を購入する際に選択する、単なる変更可能な要素です。たとえば、ソファーの生地、自動車にエンターテインメントパッケージを追加するかしないか、飛行機でビジネスクラスを予約するかしないかなどの選択は、いずれも製品オプションです。一方、製品バリエーションは、メーカーによってあらかじめ選択および製造された製品の異なるバージョンで、顧客は製品バリエーションから選んで購入することになります。速度の切り替えが3 段階あるミキサーと 8 段階あるミキサーを製造することは、製品バリエーションの一例です。製品オプションと製品バリエーションのいずれにおいても、高度なバリエーション管理機能が求められます。

製品プラットフォーム戦略とは何ですか?

製品プラットフォーム戦略とは、市場シェア、品質、低価格化を最大化できる戦略のことで、この戦略は幅広く取り入れられています。製品プラットフォームは、初めからバリエーションを考慮して作られた製品ポートフォリオを意味します。基本となる製品プラットフォームでは、計画されたバリエーションのすべてに共通する主な特徴や機能を識別します。一連の製品を設計する際、共通の固定および変動コンポーネントセットを中心に設計することで、労力を削減しながら生産力を拡大できます。製品プラットフォームには高度なバリエーション管理機能が必要です。これには製品ファミリー管理機能、コンポーネントを再利用しながらデータの重複を最小限に抑える機能、上流工程と下流工程の製品データを管理する機能などが含まれます。