マルチ CAD: デジタルスレッド導入のエントリーポイントとしての MBD/MBE

多数の設計ツールを活用している企業は、Windchill の共通データモデルによって、単一の PLM ソリューションで MCAD データと ECAD データを格納し、コラボレーションに活用できます。
バイヤーズガイドはこちら

PDM でマルチ CAD のビジュアリゼーションに対応

ホワイトペーパーはこちら

1 つの CAD プラットフォームへの標準化が必要な理由とその方法

Windchill によるマルチ CAD 製品開発

安全性が高く緊密に統合されたマルチ CAD 対応の製品データ管理システムを使用して、コンカレント設計の環境全体でグローバルなコラボレーションを実現します。 詳細はこちら
関連ビデオ
ビデオはこちら デジタル製品の品質管理と QMS ビデオはこちら Windchill と Windchill+ による製品ライフサイクルのイノベーション ビデオはこちら ZF 社における多様なグローバルチームの強化 ビデオはこちら AGCO 社によるグローバルな PLM 活用 ビデオはこちら デジタルスレッドを活用してエンジニアリングを効率化 ビデオはこちら クラウドと SaaS を活用してコラボレーションの強化とスピードの向上を実現 ビデオはこちら イノベーションとサステナビリティの促進: デジタル設計エンジニアリング
[name] さん、お帰りなさい。
別のユーザーですか?
下のボタンをクリックして続行してください。
利用開始
利用開始
読み込み中......

ありがとうございます!