前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 . . . 最後へ

デジタルトランスフォーメーション (DX) の価値を見極める

はじめに

デジタルトランスフォーメーション (DX) は今や、世界中の製造業にとって戦略面での最大の課題に挙げられるまでになり、実際、92% の企業がデジタル化におけるいずれかの段階にあります。これらのデジタルプロジェクトは、バリューチェーン全体の物理的なプロセスを変革し、財務面で大きな利益をもたらしています。

McKinsey & Company は、デジタルトランスフォーメーション (DX) は、製造業がオペレーション、作業員、製品、その他産業環境の各要素における課題を克服するための数兆ドル規模となる最適化の機会であると推定しています。

しかし、これらの機会にあたって、どの変革にどの順番で取り組むべきか決定することが、DX プログラムの成否の分かれ目となります。企業が価値獲得への道のりを進もうとした場合、変革を実現しながらリスクを最小限に抑え、業務の継続性を確保し、収益性を促進することが必要です。このすべてを実現しようとした結果、「どこから手を付けるべきか?」という単純な問いに対して、複雑な答えに陥ってしまうことがあります。

多くの企業が、複数の課題に同時に取り組むというあまりにも野心的な答えを導き出してきました。平均して 8 件のデジタルパイロットプロジェクトが開始されていますが、そのうち 4 分の 3 が本採用への展開に失敗し、デジタルプログラムの資金調達と存続が危ぶまれます。

本採用への展開を成功裏に導くことができない原因は、選択肢の過多による決断疲れ(意思決定を長時間繰り返した後に決定の質が低下する現象)と分析麻痺(分析過多により意思決定プロセスが麻痺する現象)であり、その結果として PoC(実証実験)地獄に陥ることになります。

業界の複雑な課題を解決するには、デジタルトランスフォーメーション (DX) とビジネス価値を連携させる必要があります。財務目標や業務上の目標に影響する最も差し迫った問題を特定し、それらを解決することで得られる価値を測定することで、デジタルトランスフォーメーション (DX) の強固な基盤を築くことができます。