アーティクル - CS322300

Windchill PDMLink:ネットワーク帯域幅が低いクライアントインフラストラクチャで作業しているとき、および/または自宅で作業しているときのWindchillCADインタラクションに関する考慮事項

修正日: 17-May-2022   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill PDMLink 9.1 to 12.0
  • Windchill ProjectLink 9.1 to 12.0
  • Pro/INTRALINK 8.x + 9.1 to 11.2
  • Windchill PDM Essentials 10.1 to 11.1
  • Creo Parametric 1.0 to 8.0
  • Windchill Workgroup Manager
  • AutoCAD
  • Autodesk Inventor
  • CATIA
  • Creo Elements/Direct
  • Creo Illustrate
  • ECAD
  • IsoDraw
  • NX
  • Mathcad
  • SolidWorks

説明

  • ユーザーのインターネット接続がWindchillに接続されたCADアプリケーションに最適ではない可能性がある自宅の状況からの作業をサポートする需要の現在の急増を認識して、PTCは、Windchill管理者、IT部門、およびエンドユーザーが望む可能性のある手順を含むようにこの記事をまとめました。状況を最適化することを検討してください
  • これらの推奨事項は、会社のIT部門とインフラストラクチャがリモートVPNアクセスをサポートするように設定されていることを前提としています。
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs322300