アーティクル - CS288807

ThingWorxへの統合コネクタ(ODataコネクタ)を介して特殊文字を使用してREST呼び出しを実行すると、「ThingNameでサービスprocessFeatureを呼び出すことができません:ルート交換に失敗しました」がスローされます。

修正日: 06-Jul-2018   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • ThingWorx Platform 8.1 SP3

説明

  • 統合コネクタ(ODataコネクタ)を介してThingWorxへのREST呼び出しを実行すると、「ThingNameでサービスprocessFeatureを呼び出すことができません:ルート交換に失敗しました」がスローされます。
  • REST呼び出しの文字列フィールドで「°」を使用する
  • アプリケーションログの完全なエラースタック
"サービススクリプト[ThingNameserviceName]の実行エラー:ThingNameでサービスprocessFeatureを呼び出すことができません:ルート交換に失敗しました。サービス操作が失敗しました[<URL>]ステータス[-JSONドキュメントの構文が無効です。]"
  • cURLまたはPostmanを介してThingWorxにデータを送信する場合、特殊文字は正常に機能します
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs288807