アーティクル - CS358886

Apache Log4j 2.xセキュリティの脆弱性(CVE-2021-44228&CVE-2021-45046&CVE-2021-45105)-Servigistics製品への影響

修正日: 06-Mar-2022   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Servigistics Click Parts Planning 5.10 to 7.7.2.1
  • Servigistics Service Parts Management 9.4.7_MR9 to 12.2.0.1
  • Servigistics Service Parts Pricing 9.6.4 to 12.2.0.1
  • Servigistics Intellicus 19.1
  • Servigistics MCA Parts Planning 7.0 to 8.0.0.11
  • Servigistics Click Extend 4.1
  • Servigistics Service Network Management 10.7.1.1 to 11.2

説明

  • PTCは、広く使用されているJavaロギングパッケージであるLog4jに関連する最近公開されたセキュリティの脆弱性を認識しています。
  • Log4jの脆弱性の技術的な詳細は、 https ://www.lunasec.io/docs/blog/log4j-zero-day/で入手できます。
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/CS358886