• Windchill 12 のデジタルスレッドカンファレンス

Windchill 12 のデジタルスレッドカンファレンス

PTC PLM バーチャルカンファレンス

Windchill 12 の概要

double-dash
small-dots
講演者: Kevin O’Brien

PTC の各製品管理エキスパートから、コンテンツ管理、BOM 変換および製造プロセスプランニング、変更および構成管理などにおいて最も重要な最新機能をご紹介します。

PLM ロードマップ

double-dash
講演者: Mark Lobo

Windchill 12 の目的は、製品開発の手法を向上させることです。本セッションでは、Windchill 12 リリースの中核を成す 3 つの主要なテーマ、コラボレーション、クローズドループ型の品質管理、コンカレント製造について詳しくご説明します。テクノロジーと製品は絶え間なく変化しているため、製造業は俊敏性を維持しなければなりません。展開がオンプレミスでも、PTC クラウドでも、ハイブリッドでも、PTC は単一の PLM プラットフォームでお客様のパートナーとなります。

small-dots

Creo View 7

double-dash
講演者: Robbie Morrison

Creo View 7.0 を利用すると、早い段階から製品設計に集中できるため、後に下流工程で発生する問題を回避できます。製品のビジュアルデータにアクセスすることで、意思決定がスピードアップし、最終的には市場投入期間を短縮できます。本セッションでは、Windchill のビジュアリゼーション機能に組み込まれた新たな改良点の一部と、新しいモデルベース定義 (MBD) 解析パッケージについて取り上げています(数ある新機能の中でも特に重要です)。

small-dots
Creo View 7

コンカレント製造

double-dash
small-dots
コンカレント製造
講演者: Jean-Claude Niyonkuru

PTC は、すべてのコンカレント製造計画に対応できる確かなソリューションを提供しています。Windchill により、設計から計画を経て、製造現場に至るデジタルスレッドを実現できます。このセッションでは、PLM がすべての製造計画活動のバックボーンとなる理由をご紹介します。PLM は IT (設計) と OT (生産) の橋渡し役となり、BoM 変換時に情報のシームレスな流れを確保します。

変更および構成管理、オプション、バリエーション

double-dash
講演者: Jeffrey Zemsky

製品のライフサイクル全体で、またバリューチェーン全体で製品構成および関連する変更が管理、追跡されていれば、生産性は向上します。このセッションでは、Windchill の中心となる構成管理および変更管理機能により、設計部門だけでなく企業全体でいかに製品開発が効率化されるかについて取り上げます。

small-dots
Slide13

コンテンツ管理

double-dash
small-dots
Slide15
講演者: Steve Shaw

製品のデジタルスレッドを管理する必要がある場合、PLM で調整しなければなりません。Windchill は、複数のチーム間で製品設計を同期するための、3D コンテンツの制作および管理に焦点を当てた機能を備えています。本セッションでは、コラボレーションによってエラーを削減し、コンテンツの可視化によって時間を節約する方法について取り上げます。Windchill 12 は、Creo 7.0 のマルチボディおよび Creo ANSYS をサポートしています。

アップグレード、展開、移行、ライセンス管理

double-dash
講演者: Walid Saad

アップグレードを検討する企業の多くは、アップグレードとは時間のかかる非合理的なプロセスであると考えています。Windchill のベストプラクティスを取り入れることで、予測可能な計画を立て、影響を抑えることができます。Windchill Performance Advisor と最新のアーキテクチャーおよび管理の機能改良により、展開が最適化され、総所有コストが削減されます。

small-dots
Slide17