最新バージョン Creo 10 を同時リリース、コアとなる CAD 技術がさらに進化

米 PTC (本社:米国マサチューセッツ州、社長兼 CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ : PTC、以下 PTC /日本法人: PTC ジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、本日、software as a service (SaaS)に対応した CAD ソリューション Creo+™(クリオプラス)と、CAD ソフトウェア Creo® 最新版となるバージョン 10 のリリースを発表しました。Creo+ は、Creo に備わるパワーと実績ある機能に、新たにクラウドベースのツールを組み合わせ、生産性を高める設計コラボレーションの強化と CAD 管理の簡素化で、プロジェクトの業務スピードを向上します。

Creo+ は、モデルベース定義、シミュレーション駆動設計、高度な技術製品を製造するための機能をベースに、複数のチームメンバーが製品デザインをレビュー、検討、編集できるリアルタイム設計コラボレーションツールを備えています。

また Creo+ には、クラウド基盤である PTC Atlas™ SaaS プラットフォームを採用した PTC Control Center™ アプリケーションが含まれており、クラウドベースツールのソフトウェアライセンスの導入と管理を簡単に行うことができます。

「Creo+ により、お客様はこれまで以上に速く、簡単に、そして協調的に設計することが叶います。」と、PTC の Creo 担当ゼネラルマネージャーであるブライアン・トンプソンは述べています。
「PTC は、市場をリードする Creo の設計機能と、クラウドによる高水準の生産性のメリットを融合させました。Creo+ のユーザーは、社内外のパートナーと同時に同じ設計で共同作業が行えるため、再設計にともなう工程の削減が可能となり、開発プロセスを加速します。Creo+ のリリースは、お客様にとっても、PTC にとっても、そして CAD 業界全体にとっても、成長への重要なマイルストーンとなります。」

Creo+ で利用できる主な機能は以下のとおりです。
リアルタイムコラボレーションとブランチ機能:専用のワークスペースを使い、何人でもリアルタイムで製品デザインの検討、確認、編集が行えます。これにより、製造やサプライヤーなど関係者と相互に情報交換ができ、逐次設計ではなく同時並行設計を推進できます。
効率的なデータ管理を可能にする使いやすさが特徴的なブランチ(分岐)機能は、設計を行ううえで試行錯誤しつつ進められたデザインを可視化し、メインの設計にマージすることができます。

PTC Control Center:管理者は 1 台のデスクトップから組織全体に Creo+ を展開できるため、ごくわずかな時間でソフトウェアのインストールや設定、更新が行えます。また、名前付きライセンスの割り当てや要件に応じた権限の設定も効率的に行え、管理の手間が解消されます。これらの操作は、シンプルなクラウドベースのインターフェースの PTC Control Center が担います。

Creo+ はオンプレミス版の Creo との完全な上位互換性があり、Creo と同じコアテクノロジーで構築されているため、データの変換は必要ありません。

同時にリリースを発表した Creo 10 は、強度と耐久性を維持しながら軽量な製品を実現する複合材の設計とシミュレーションを可能にします。世界中の企業・研究機関で導入されているマルチフィジックス CAE である Ansysを利用した構造熱連成、非線形材料、非線形接触シミュレーションが導入され、Creo によるシミュレーション主導型の設計開発プロセスが大幅に拡張されます。

*本内容は米 PTC が 2023年 5月 16 日に発表した報道資料の翻訳です。

PTC について (NASDAQ : PTC)
PTC は、製品やサービスのイノベーションの加速、オペレーション効率や従業員の生産性の向上を実現するソフトウェア・ソリューションを提供し、世界の製造業が二桁の効果を生み出す支援をしています。PTC と幅広いパートナーネットワークが提供するデジタル・トランスフォーメーション (DX) 推進のためのソリューションは、オンプレミス、クラウド、純粋な SaaS プラットフォームを介して柔軟な導入が可能です。PTC は、よりよい世界を想像するだけでなく、実現するために貢献しています。

PTC ジャパンについて
米 PTC の日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、IoT アプリケーション開発プラットフォーム、拡張現実 (AR) オーサリングソリューションの各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理の Windchill、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoT アプリケーション開発プラットフォームの ThingWorx、拡張現実 (AR) オーサリングソリューションの Vuforia、産業用接続プラットフォームの Kepware といった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992 年 3 月設立。国内 4 事業拠点。Web サイト: https://www.ptc.com/ja

PTC のソーシャルメディアは、以下の URL よりフォロー、ご視聴いただけます。
Twitter: https://twitter.com/ptchttps://twitter.com/PTC_Japan
YouTube: https://www.youtube.com/ptcstudiohttps://www.youtube.com/c/PTCJapan
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: https://www.facebook.com/PTC.Inchttps://www.facebook.com/PTC.JPN

※PTC の社名、ロゴマーク、Windchill、ThingWorx およびすべての PTC 製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

報道関係者お問い合わせ先

PTC ジャパン株式会社
広報室
中村 由美子
TEL:070-4374-7309
E-mail:ynakamura@ptc.com