PTCのThingWorxインダストリアル・イノベーション・プラットフォーム、 業界エキスパートが続々と評価

Berg Insight、IoT ONE、Quadrant Knowledge Solutionsが ThingWorxによるPTCのリーダーシップを認定



米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は7月16日、同社のThingWorx®インダストリアル・イノベーション・プラットフォームにより、Berg InsightIoT ONEQuadrant Knowledge Solutionsから、PTCがグローバルIoTプラットフォーム市場における2018年のリーダーとして認められたことを発表しました。

PTC社長兼CEOのジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)は、次のように述べています。 「PTCは、ビジネスモデルを変革し競争力を向上させることで、IoTがもたらす真価を引き出す企業を支援しています。今回のような表彰やThingWorxを採用いただいている世界各国の顧客企業の存在は、PTCのビジョン、技術的能力、顧客成功へのコミットメントを明確に示すものとなります」

PTCのThingWorxプラットフォームは、様々な産業用途において革新的なIoTソリューションを開発するための、広範かつ堅牢な統合IoT開発環境を提供します。ThingWorxは、高速アプリケーション開発、接続、高度な解析、機械学習、拡張現実(AR)などの機能を備えており、主要デバイスクラウドとの連携を可能とします。これらの機能により、企業は資産を安全に接続し、革新的なアプリケーションやサービスを開発することが可能になります。ThingWorxにより、産業界全体にわたるデジタル変革への取り組みを支援します。

Quadrant Knowledge Solutions、Berg Insight、IoT ONEからの表彰は、451 ResearchCompass IntelligenceExperton GroupForrester ResearchGartnerIDCIoT Analyticsなど、世界各国の多くの報道機関や業界アナリストからの高い評価に続くものとなります。

Quadrant Knowledge Solutions の調査で、機能、戦略、顧客企業での定着で最上位

IoT Platform 2018 Competitive Landscape Quadrant Knowledge Solutions 

PTCは、ThingWorxインダストリアル・イノベーション・プラットフォームにより、Quadrant Knowledge Solutionsから、グローバルIoTプラットフォーム市場における2018年のテクノロジーリーダーとして表彰されました。Quadrant Knowledge Solutionsは、戦略的ビジネス・成長コンサルティングサービスを通じて、顧客の事業変革目標の達成を支援するグローバルコンサルティング企業です。

同社が最近実施した調査(「Market Outlook: Internet of Things (IoT) Platform, 2018-2023 Worldwide」)は、市場の動向、トレンド、機会、ベンダーが持つエコシステムを分析し、グローバルIoT市場における企業の成長戦略構築を支援するものです。

Quadrantは、テクノロジープラットフォームの堅牢性、製品機能、顧客へのインパクト、操作性、先見性を備えたイノベーション、将来のロードマップについて、様々なベンダーを分析しました。調査報告書では、産業用途向けに開発された包括的インダストリアルIoTプラットフォームおよび的確な競争・成長戦略によって、PTCのリーダーとしての認知度が創出されていることが示されています。

Quadrant Knowledge Solutionsのインダストリーリサーチマネージャであるビシャル・シャルマ(Vishal Sharma)氏は、次のように述べています。 「PTCは、高度なテクノロジープラットフォーム、アプリケーションの多様性、競争戦略、顧客にもたらす大きなインパクトを有しており、グローバルIoTプラットフォーム市場において2018年のテクノロジーリーダーとして認められています。エンドユーザ企業が、スマート・コネクティッド・エンタープライズの真の可能性を実現するために、PTCは十分支援できる立場にあるといえます」

Berg Insight、IoT ONEが認めるインダストリアルIoT市場のリーダーシップ

ThingWorxは、Berg InsightおよびIoT ONEにより、2018年ベストインダストリアルIoTプラットフォームとして認定されました。

IoT ONEは、産業用インターネットソリューションの導入を加速するオンラインプラットフォームです。同社は毎年、2,000社を超えるインダストリアルIoTソリューションプロバイダを評価し、IoT ONEエコシステムに最もインパクトのある上位500社を認定し広く紹介するIoT ONE 500を発表しています。本年、IoT ONEは同社の専門家による評価でPTCおよびThingWorxを明確なリーダーとして認定しました。

同様に、スウェーデンに本拠を置くM2M/IoT専門の市場調査会社である Berg Insight は、最近、インダストリアルIoT市場におけるテクノロジースタック、トレンド、主要プロバイダーを分析し、レポート(「IoT Platforms and Software」)を発表しました。Berg Insightのプリンシパルアナリストであるヨハン・ファゲルベルク(Johan Fagerberg)氏は、次のように述べています。 「PTCは、インダストリアルIoTを重要な成長市場と位置づけ、この市場における機会に対応するため、製品機能の拡張に向けて多くの研究開発投資を行っています。PTCは、産業分野でIoTをより広範に普及させるための取り組みを主導した最初の企業の一社でした。今やPTCは、この分野におけるリーダーとして認知されるようになりました」

<関連情報>

*本内容は米PTCが2018年7月16日に発表した報道資料の翻訳です。

PTCについて(NASDAQ: PTC)

PTCは、スマート・コネクティッド・ワールドにおいて、企業によるモノの設計、製造、運用、サービス改革の支援を行っています。1986年、PTCはデジタル3D設計に革命をもたらし、1998年には初めてインターネットベースの製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションの提供を開始。今日では、PTCのインダストリアル・イノベーション・プラットフォームと実証済みのソリューション群により、フィジカルとデジタル世界の融合によって生み出される新たな価値創造を支援しています。PTCのソリューションにより、製造業のみならず、パートナーや開発者のコミュニティは、モノのインターネット(IoT)や拡張現実(AR)の技術を活用し、未来のイノベーションを実現できます。

PTCジャパンについて

米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、インダストリアル・イノベーション・プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:https://www.ptc.com/ja

PTCの社名、ThingWorxおよびすべてのロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。

以上

報道関係者お問い合わせ先

PTCジャパン株式会社 PR マネージャ 野中 沙織 
TEL: 03-3346-2365 E-mail: snonaka@ptc.com Website: http://www.ptc.com/ja
株式会社井之上パブリックリレーションズ PTC担当 関口 / 畑澤 / 髙野
TEL: 03-5269-2301 FAX: 03-5269-2305 E-mail: ptc@inoue-pr.com