PTC、IDC MarketScapeにおいて IoTプラットフォームのリーダーに認定

米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、本日、IT専門の調査会社であるIDCが、同社の新たな調査報告書である「IDC MarketScape: Worldwide IoT Platforms (Software Vendors) 2017 Vendor Assessment」(文書 #US42033517、2017年7月)において、PTCをIoTプラットフォーム市場のリーダーとして認定したことを発表しました。IDC MarketScapeは、PTCのThingWorx®インダストリアルIoTプラットフォームを、現在利用できる中で、より強力なアプリケーション開発プラットフォームの一つであると評価しました。ThingWorxは、多くのクラウドプラットフォームとのネイティブ統合により、様々な導入・展開方法を提供します。

IDC MarketScapeは、PTCの他、11社のIoTプラットフォームベンダーの機能や戦略を調査しました。各社ともに、接続管理、デバイス管理、データの取り込み、処理、管理、可視化ツール、アプリケーション開発ツール、アナリティクスといったIoTプラットフォームの基本要素となる項目を含む、幅広い項目で評価されました。

PTCは業界において早期からのIoTリーダーであり、PTC主催のIoTイベントである今年のLiveWorx®では、同社IoTプラットフォームのバージョン8を発表しました。1,200社を超える顧客企業、250社を超えるパートナー企業がThingWorxをIoTプラットフォームとして採用しており、多くのシステムインテグレーターが、ThingWorxテクノロジーを基盤とするIoTコンピテンシーセンターを開設しています。

ThingWorxは、高速アプリケーション開発プラットフォーム、コネクティビティ、機械学習機能、拡張現実(AR)、主要デバイスクラウドとの連携で構成され、PTCのIoTテクノロジー製品群の中核となるものです。これらの機能を組み合わせることで、アセットの安全な接続、高速アプリケーション開発、エッジ側でデータを収集・操作する革新的な方法を実現して価値を生み出す、強力なIoTテクノロジースタックを提供します。

今回の調査報告書では、いくつかのPTCの強みが以下のように紹介されています。「PTCの歴史であるCADなどのエンジニアリングソフトウェアに、拡張現実(AR)が加わった。それにより、ThingWorxのThingModelにあるようなデジタルツイン技術の開発には、PTCが適することになった。デジタルツイン技術は、インダストリアル分野の企業による需要がますます高まるだろう」。また、報告書では、PTCの「インダストリアルIoTテクノロジーへのコミットメントを示す同領域への大規模な投資」が評価されており、「PTCは充実した機能を有するプラットフォームを提供している、という顧客の声が聞かれる」とされています。

IDCのInternet of Things Ecosystem and Trends担当リサーチディレクターのステイシー・クルック(Stacy Crook)氏は、次のように述べています。

「PTCは、現在利用可能な中で、より強力なアプリケーション開発プラットフォームの一つであるThingWorxにより、IoTプラットフォーム市場のリーダーとしての地位を確立しました。PTCは、IoTエコシステムにおいて有数の企業とのパートナーシップ構築にも成功しており、単一のクラウドプラットフォームにのみ対応することはしていないため、顧客の導入・展開方法についても様々な選択肢を提供しています」

PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)は、次のように述べています。

「IDC MarketScapeがPTCの強さを評価し、様々なIoTプラットフォームの中でリーダーとして位置付けられたことを喜ばしく思います。PTCはIoTやARを利用しやすく、直観的で強固なものにすることで、フィジカルとデジタルの世界の融合をリードしていきます。ThingWorxの導入により、企業は事業に変革をもたらし、IoTやARが引き出す力を、以前にも増してより短期間に活用することが可能になります」

 

IDC MarketScape について

IDC MarketScapeベンダー分析モデルは、特定市場におけるICTベンダー各社の競争力の概要を提供するものです。このリサーチ手法は、定性的、定量的な基準に基づく厳格なスコアリング手法を活用し、特定市場における各ベンダーの位置づけをまとめて視覚的に提供するものです。IDC MarketScapeは、ICTベンダーの製品、サービス、機能、戦略、現在と将来の成功要因を、意味ある形で比較するための明確な枠組みを提供します。この枠組みにより、ICTソリューション購入企業は、現在取引のあるベンダーや取引の可能性があるベンダーの強みと弱みを、あらゆる方向から評価することが可能になります。


※PTCの社名、ThingWorx、LiveWorxおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。