• quality for manufacturers

デジタルスレッドに品質管理を組み込む

100 名の経営幹部を対象にした Aberdeen 社の調査により、複雑で革新的な設計環境において製造業が品質を確保するための方法が明らかに。


デジタルスレッドと品質を組み合わせることで実現する生産コストの削減

品質管理は製造業界にとって不可欠です。しかし、設計環境が次第に複雑になる中、製品データの管理と共有がますます難しくなっています。その結果、スクラップと手戻り、現場での不合格、返品や値引き、運用上のエラーが発生し、これらを解決しないままでおくと製造コストが高騰してしまいます。

このような品質関連の問題を解決する鍵となるのがデジタルスレッドです。PLM を基盤としたデジタルスレッドによりチームとシステムをつなぎ合わせ、企業全体でシームレスなコラボレーションを実現できます。

しかし、Aberdeen 社の調査から、多くの企業がデジタルスレッドへの取り組みにおいて品質を考慮していないことが明らかになりました。たとえば、品質と信頼性に関して自動管理ツールを利用していると回答したのは、回答者の半数のみでした。

このレポートをダウンロードして、製造に品質管理を導入する最善の方法をご確認ください。この調査の結果から、以下が明らかになりました。

  • 製品開発プロセスに品質を組み込む際の障害
  • 優良企業における品質管理を強化する主要な PLM 機能
  • 設計、製造、流通チームに品質関連情報を行き渡らせるためのベストプラクティス