産業用ARによりスキル ギャップを解消

製造業とサービス業のリーダー企業が、ARを利用してどのようにスキル ギャップを解消し、従業員の生産性を高め、業務を変革しているかをご覧ください。



製造メーカーとサービス企業に技能伝承の危機が迫っています。しかしそこで助けになるのが産業用 AR です。

ベテランは定年退職し、業務と顧客は世界中に拡散し、製品のバリエーションは増える一方です。製造メーカーやフィールド サービス プロバイダが直面している熟練労働者不足の深刻化には、このような背景があります。さらに悪いことに、従来の方法では従業員のトレーニングとスキルアップのニーズを満たしきれません。

大きくなる一方のこれらの課題に対処するための手段としてメーカーが用いているのが、産業用ARです。リアルタイムの情報を現場の設備や環境に重ね合わせて表示できる AR は、熟練労働者を補う最適な選択肢として急速に採用が進んでいます。

e子ブック『Closing the Industrial Skills Gap with Augmented Reality』(産業用ARによりスキル ギャップを解消) をダウンロードし、以下の内容をご確認ください。

  • スキル ギャップが単に “定年退職の問題” にとどまらない4つの理由
  • 熟練した人材を維持するための3つの戦略
  • 産業用 AR が変革の起爆剤になる5つの理由
  • AR での再現可能な成功を短期間で実現した2つの事例

産業用ARによりスキル ギャップを解消