• windchill
  • エンタープライズビジュアリゼーション

エンタープライズビジュアリゼーション、検証、レビュー

コンフィギュレーション主体の PLM ビジュアリゼーションとデジタルモックアップにより、部門間および設計ツール間のコラボレーションを強化

ビジュアルによる意思決定を促進

拡張現実 (AR) と 3D ビジュアリゼーションは、PLM で製品定義に取り組み、製品定義に関するコラボレーションを行うための新たな手法となります。Windchill に保存されている構造および構成情報に基づいて、ビジュアリゼーションコンテンツを動的に構築できます。また、ライフサイクルの状態とエフェクティビティで絞り込んだ製品バリエーションをビジュアルに操作できます。

Windchill には、以下のような幅広いビジュアリゼーション機能が備わっています。

  • モデルのアノテーションと「状態を表示」の定義の相違点を特定して、バージョン間の設計の変更をよりよく把握

  • 強力な干渉検出を実行

  • デジタル製品データすべてをマークアップ、測定

  • MCAD と ECAD の間のコミュニケーションを効率化

  • コンパクトなビューデータをテクニカルイラストレーションに利用して、工場または現場に提供

  • PDF ドキュメントをマークアップ、レビュー、プリント、ウオーターマーク

  • 印象的なアニメーションを作成

  • AR 設計シェアから AR エクスペリエンスをパブリッシング

Creo View について

Creo View は、ローカルとグローバル両方の設計チーム間でほとんど手間のかからないコラボレーションを実現する、シンプルながらも高性能なエンタープライズビジュアリゼーションテクノロジーです。3D CAD モデル、2D 図面、電気図面、プリント回路基板など、さまざまな形式の設計データにアクセスできます。Creo View を使用する設計者、プロジェクトマネージャー、下流のサプライヤーは、情報に手早く簡単にアクセスし、ほかの関係者との間で情報を共有できます。

Creo View の詳細はこちら

お問い合わせ

デジタルスレッドを構築してチームとシステム全体に拡張したい、特定のユースケースや機能について知りたい、デモを予約したいなど、あらゆるご要望にお応えします。

こちらのフォームに情報をご記入の上、送信してください。後ほど担当者から連絡いたします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...