ThingWorx Navigate と PLM データ

最新の PLM データを、最も必要としている人々の手に

データへのリアルタイムアクセスを提供して、エンタープライズコラボレーションを実現

ThingWorx Navigate を導入することで、組織全体の関係者がエンタープライズシステムに保管された豊富なデータに、トレーニングなしで簡単にアクセスできるようになります。ThingWorx Navigate は、すぐに利用可能な役割およびタスクベースのアプリを備えており、状況に応じた情報を提供するとともに、目標を達成できるようにアプリを簡単にカスタマイズできるため、ThingWorx Navigate のユーザーはデータの検索に費やす時間を短縮し、世界クラスの製品の開発、製造、販売、サポートなどの共同作業により多くの時間を費やすことができます。

ThingWorx Navigate のお客様事例

デジタルスレッド全体の関係者に関連性の高い設計データを提供します。

 

製品データへの簡単なアクセス

デジタルスレッドを介したコラボレーションを実現します。トレーニングをほとんど必要としない使いやすいインターフェースにより、専門知識のないユーザーでも PLM コンテンツとワークフローに簡単にアクセスできます。画面上や拡張現実 (AR) など、複数のフォーマットで製品情報を表示できます。

データの一般化

一般的な PLM タスクに必要な機能を役割ごとにカスタマイズして提供します。すぐに使えるのアプリを機能ごとに整理し、PLM 情報の表示、PLM プロセスへの積極的な参加、アプリの UI コンポーネントのカスタマイズを行えます。

他のエンタープライズシステムへの接続

ThingWorx Navigate は ERP など他のエンタープライズシステムとの接続が簡単なため、要件、分析、結果、図面、3D モデル、表示コスト、棚卸資産など、PLM 以外のソースからの各種情報を複製することなく提供できます。

クラウド

柔軟な展開オプションの選択

オンプレミス、クラウドで展開できるほか、SaaS(ソフトウェア アズ ア サービス)も選択できます。SaaS では、コラボレーションのニーズにすぐに対応できる事前設定済みの安全なインスタンスを利用し、さまざまな役職、部門、外部パートナーの間で一貫したデータや分析情報を共有できます。


主な製品機能: 役割ベースおよびタスクベースのカスタム PLM アプリ

  • 図面を表示して比較することで、相違点を素早く簡単に特定

  • 標準的なアプリを役割ベースの構成で簡単にカスタマイズ

  • ドキュメントの添付ファイル/補助ドキュメントを表示、ダウンロード

  • モデルを 3D で表示(アニメーションおよびシーケンス表示用の再生コントロール、属性を使用した相互選択機能、ローカル言語のサポートを含む)

  • デジタル変更管理ワークフローへの参加を拡大

  • 再利用可能なコンポーネントによる迅速なアプリケーション開発環境

ThingWorx Navigate のお客様事例

ここでは、企業全体のコラボレーションから価値を創出しているお客様事例をご紹介します。

注目のイノベーター: ZF 社

ZF 社は、適切なデータに基づき、適切な決断を適切なタイミングで下せるようになり、リードタイムの短縮、コストの削減、品質の向上を実現しました。

ビデオはこちら

MAN Truck & Bus 社の成長を加速させた ThingWorx Navigate

ThingWorx Navigate によって、レガシーシステムから Windchill にスムーズに移行できただけでなく、製品情報を以前よりも多くの関係者に届けることができるようになりました。

お客様事例はこちら

役割ベースおよびタスクベースのアクセスを提供する Polaris 社

Polaris 社が、ユーザーの役割およびタスクに基づき製品情報を企業全体に展開した方法をご紹介します。

デモはこちら

作業現場で設計データに簡単にアクセスする Steelcase 社

Steelcase 社が製造関係者による最新の設計データへの簡単なアクセスをどのように提供しているかをご紹介します。

Web キャストはこちら

Volvo CE 社はコラボレーションにより PLM 基盤を構築

Volvo CE 社は、製品開発に関する決定に貢献できる機能へのアクセスを社員に提供することで、業務の効率性を向上させました。

お客様事例はこちら