PTCとKPIT 社がセンター・オブ・エクセレンスを創設

米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)と KPIT Technologies 社は、本日、インド プネのKPIT 社の拠点にセンター・オブ・エクセレンス(CoE)を開設したことを発表しました。開設の式典では、PTCのテクノロジーをベースに構築されたソリューションを活用したインダストリアルIoTがもたらすカスタマー・エクスペリエンスに焦点が当てられました。

本イベントではintelliAsset™や、スマートシティ、スマートキャンパス、デジタルジャーニー向けのソリューション等のデモンストレーションが実施されました。また、来場者には、インダストリアルIoT の標準であるIndustrie 4.0 に基づく業務プロセスやサービスの改善方法がデモンストレーションと共に説明されました。

KPIT社のデジタルビジネス部門を率いるプロボド・チプルンカル(Probodh Chiplunkar)氏は次のように述べています。

「企業はIndustrie 4.0のテクノロジーを活用した統合エクスペリエンスを提供することが重要です。顧客は、アセットのパフォーマンスの予測、変化の予測、対策の指示が1つのアプリケーションから実施できる仕組みを求めおり、その仕組みを提供するのがKPITのintelliAsset™ です」

IoTソリューションはシームレスな体験を提供できるものであり、オペレーターや技術者向けの体験はマネージャ向けのものと同様に重要です。KPIT社の診断ソリューションとPTCのThingWorx® Industrial IoT Platform をベースに開発されたSaaSアプリケーション群を利用することで、シームレスなアセットへの接続と遠隔監視、業務用アプリケーションの操作、PLMシステムで管理されている製品のデジタルデータの取得が可能になり、アセット稼働率の向上や予定外停止の低減につながります。

本発表イベントで、KPIT社は、PTCのテクノロジーをベースに開発されたソリューションを利用し、デジタルエンジニアリング、マニュファクチャリング、サービスでのスマート、コネクティッドプロダクトをテーマとするデモンストレーションを実施し、デジタルスレッド(糸)の力をアクションに結び付ける方法を説明しました。

KPIT社Extended PLM担当プラクティスディレクターのロビー・モリソン(Robbie Morrison)氏は次のように述べています。

「CoE発表イベントでは、製造部品のデジタルスレッドがどのように製品を定義するデータが、部品表(BOM)の作成を通じて仕様にひも付き、製造側に流れるかを見ていただけたと思います。デジタルスレッドはアセットを一番最初から導入・展開、そして現場で稼働中に監視するところまでをつなぐのです」

PTCプラットフォーム事業最高売上責任者(CRO)のキャサリン・クニッカー(Catherine Kniker)は、次のように述べています。

「KPIT社は組立型製造業、プロセス製造業、スマートシティ分野で価値を生み出すソリューションを開発しています。ThingWorxプラットフォーム上に構築された魅力あるKPIT社のスマートファクトリー、アセット管理向け統合アプリケーション群は、それぞれの顧客の環境における市場投入期間の短縮を実現するよう設計されています」

KPIT Technologies 社について

KPIT 社(BSE:532400, NSE: KPIT) は、グローバルテクノロジーカンパニーで、自動車、製造、エネルギー、公益事業、ライフサイエンス分野の企業にITコンサルティングおよび製品開発ソリューションやサービスを提供しています。同社は、よりクリーンでグリーンかつインテリジェントで、持続可能で効率的な世界を顧客やパートナー企業とともに創り出しています。

※PTCの社名、ThingWorx、およびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。