航空サプライヤが "急上昇" し、業界の課題を克服する方法

執筆者: Ailbhe Coughlan
  • 5/11/2016
Cityscape

航空業界の要件を満たし、良好な経営を維持するために、サプライヤはより大きな革新性と柔軟性を獲得する必要があります。グローバルな航空会社は現在、フリートを拡大すると同時に、新しいテクノロジを求めています。航空会社にとって、新しいテクノロジは、業務の効率化、コストの削減、競争力の拡大に欠かせない要素となっています (Strategy&)。

この点はサプライヤにどのような影響を及ぼすのでしょうか? 経営コンサルティングのグローバル リーダーである Oliver Wyman 社によれば、ヨーロッパの航空宇宙サプライヤは現在、以下の 3 つの大きな課題に直面しているそうです。


  • 短いリード タイム、競争力の高いコストで、より高度なテクノロジ コンテンツを備えたより多くの複雑な部品やシステムを設計および開発する。
  • サプライ チェーンのフットプリントを新興市場に拡大する。
  • 製造機能をアップグレードし、相手先ブランド製造メーカーとより多くの財務リスクおよび運用リスクを共有する。

このレポートで指摘されているように、これらの課題は下流へと影響するため、サプライ チェーンに関わるすべての企業がさらに堅牢かつ俊敏になる必要があります。負の影響が増さないように、エンジニアリング プロセスおよび業務に注力することが不可欠です。当然のことながら、利用されるテクノロジが多ければ多いほど、製品の複雑性が大きくなり、以下に対する要求が高まります。


  • 生産性
  • 品質
  • コラボレーション
  • 市場投入のスピード
  • 設計の再利用

これは非常に困難な課題ですが、さらに事態を難しくしているのは、顧客がより幅広く種類豊富な製品を求めているという点です。航空会社の場合、多種多様な航空機モデルをそろえるには、当然ながら膨大な数のソフトウェアが必要となります。では、航空機製造メーカーは、どのようにして全方向に利益をもたらすようにこれらの要素に対応しているのでしょうか?

本質的に、機械、電気、ソフトウェアの各部門が連携して、市場で最も速く、低コストで、最高クラスの製品を生み出す必要があります。トップ メーカーの間で、共通のビジュアル言語と構造化されたエンジニアリング アプローチによりすべての関係者をひとつにまとめる、モデルベースのシステム エンジニアリング技法の導入が進んでいるのはそのためです。

航空業界は長い間、利益の獲得に苦戦し続けてきましたが、現在では取り組みを強めて収益性を改善しています。これに応じて、航空機製造メーカーはこれらの新しいテクノロジとアプローチに移行し、収益性、品質、競争上の優位性を強化しています。拡大する航空業界の要件と需要にサプライヤが応える唯一の方法は、こうした技術の導入です。


モデルベースのシステム エンジニアリングの代表例

Rolls-Royce 社は、大型旅客機およびビジネス機向け航空エンジンの世界トップ メーカーの 1つです。同社は、エンジンと制御システムを製造する、世界第 2 位の防衛航空エンジン プロバイダです。

Rolls-Royce 社の場合、そのエンジニアリング スタッフの 15 % が、モデルベースのシステム エンジニアリング アプローチを採用してそのメリットを享受しているシステム エンジニアです。このアプローチによって開発の早期段階で問題を特定することができ、要件の数が 20~40 % 減少し、再利用が 20 ~ 40 % 増加しました。これによって企業のコストを大幅に削減できるため、生産性と品質が最高に高まります。

コラボレーションに関する Web キャストで、Software Centre of Excellence 所長のフラン・トム (Fran Thom) 氏は、Rolls-Royce 社がモデルベースのアプローチをシステム エンジニアリングに採用して部門を超えたコラボレーションを可能にした手法を紹介しています。"総合的なシステム モデル" が中核にあるため、Rolls-Royce 社は顧客やビジネスが必要とする製品を提供することができます。


Rolls-Royce 社がこれらのモデルベースのシステム エンジニアリング原理をいかに応用しているかについては、ビデオをご覧ください >>

 

Tags:
  • Windchill
  • Connected Devices
  • PLM
  • Aerospace and Defense

執筆者について

Ailbhe Coughlan

Ailbhe Coughlan is working for the past 14 years with PTC in various marketing rolls spanning from MCAD, PLM to Retail, Footwear & Apparel. As Head of UK Marketing, her main focus was on Product Lifecycle Management marketing, as well as, the support for the Direct and Channel Sales/Marketing organization. Since October 2012, Ailbhe has been working in a corporate marketing role, today concentrating on Application Lifecycle Management. Her main focus is on projects that support key drivers for engineering executives. Topics range from Model-Based Systems Engineering to Requirements & Validation. Presently, Ailbhe is working closely on Agile principals for product development.