アーティクル - CS81708

Windchill用にどのTCP / IPポートを開く必要があるか

修正日: 08-Aug-2021   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • PTC System Monitor 1.0 to 5.1
  • Windchill Service Information Manager 10.1 to 11.4
  • Windchill PDMLink 6.2 to 12.0
  • Windchill ProjectLink 6.2 to 12.0
  • Pro/INTRALINK 8.x + 8.0 to 12.0
  • Windchill PDM Essentials 10.1 to 11.1
  • Pro/ENGINEER and Creo Elements/Pro Wildfire to Wildfire 5.0
  • Creo Parametric 1.0 to 8.0
  • ProductView Adapters and Creo Elements/View Adapters 10.0 to 13.0
  • Creo View Adapters 1.0 to 8.0
  • ProductView and Creo Elements/View 6.4 to 9.1
  • Creo View 1.0 to 8.0
  • Windchill Visualization Services (WVS)
  • Windchill Workgroup Manager

説明

  • Pro / ENGINEER、Creo Elements / Pro、またはCreo Parametric、Windchill WorkgroupManagerが次の製品やサービスと通信できるようにファイアウォールで有効にする必要があるTCP / IPポート、またはその逆。
    • 風の寒さ
    • WVSワーカーエージェント(以前のCADエージェント)
    • クレオビューワーカーデーモン
    • FlexLM(FlexNET)ライセンスサーバー
  • Windchillシステムで使用されるポート
  • WindchillPDMLinkサーバーとのPLMコネクタ通信に使用されるポート
  • WindchillサーバーおよびCADワーカーマシンのポートトラフィックに適用される推奨例外
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs81708