アーティクル - CS357702

ThingWorx プラットフォームが高可用性 (HA) モードの場合、シングル サインオン (SSO) でログインした後にユーザーが作成されない

修正日: 15-Sep-2023   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • ThingWorx Platform 9.0 SP10 to SP15
  • ThingWorx Platform 9.2 F000 to SP6
  • ThingWorx Platform 9.1 SP5 to SP10
  • ThingWorx Platform 9.3 F000

説明

  • 高可用性(HA) ThingWorx Platform でシングル サインオン (SSO)でログインした後にユーザーが作成されない
  • HA を使用した Azure AD および HA を使用した ADFS、ログイン後に ThingWorx でユーザーが作成されない
  • SSO を有効にした後、IdP に存在するユーザーはログインできますが、このユーザーの ThingWorx エンティティは作成されません。エンティティはメモリ内にゴーストとして存在しますが、データベースには存在しません。
  • ThingWorxクラスターで SSO 自動プロビジョニングを使用して作成された同じユーザーで 2 回ログインできない
  • SSO でのログイン中にユーザー エンティティの作成が失敗し、 <ThingworxStorage>\logsにあるErrorLog.logファイルに次のエラーが記録されます。
[L: ERROR] [O: E.c.q.l.c.Logger] [I: ] [U: ] [S: ] [P: thingworx1] [T: http-nio-8080-exec-4] Could not commit the transaction. Rolling back... java.lang.NullPointerException: null
	at com.thingworx.persistence.mssql.MssqlSyncLogProvider.insertIntoSyncLog(MssqlSyncLogProvider.java:57)
	at com.thingworx.persistence.sync.AbstractSyncLogProvider.writeSyncLog(AbstractSyncLogProvider.java:90)
	at com.thingworx.persistence.ThingworxDefaultTransaction.commitWithSyncLog(ThingworxDefaultTransaction.java:138)
	[...]

[L: ERROR] [O: E.c.q.l.c.Logger] [I: ] [U: ] [S: ] [P: thingworx1] [T: http-nio-8080-exec-4] Error occurred during commit for the ThingworxPersistenceProvider persistence provider. java.lang.NullPointerException: null
	at com.thingworx.persistence.mssql.MssqlSyncLogProvider.insertIntoSyncLog(MssqlSyncLogProvider.java:57)
	at com.thingworx.persistence.sync.AbstractSyncLogProvider.writeSyncLog(AbstractSyncLogProvider.java:90)
	at com.thingworx.persistence.ThingworxDefaultTransaction.commitWithSyncLog(ThingworxDefaultTransaction.java:138)
	[...]
最新バージョンはこちらを参照ください CS357702