アーティクル - CS296895

PTCWindchill製品のOracleJavaSEサポートロードマップ

修正日: 22-Nov-2020   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill PDMLink 9.0 to 12.0
このアーティクルでは、Oracle コーポレーション® がJavaのサポートポリシーに加えた変更(Javaフィーチャーのリリース頻度の変更等)とそれによるPTC Windchill 製品 によるJavaサポートに関する変更を説明します。Oracleの計画とポリシーは継続して更新されますので、これはこのアーティクル公開時点での最新情報となります。
OracleのJava SE サポートポリシーについての情報は、こちらを参照してください。(Oracle は随時この情報を更新しますので、注意してください)

説明

このドキュメントでは、OracleCorporation®がJavaサポートポリシーに加えた変更について説明します。 Java機能リリースの頻度の変更。その結果、PTCWindchill製品のJavaサポートが変更されます。オラクルの計画とポリシーは進化を続けており、このドキュメントは時間のスナップショットを表しています。

Java SEサポートポリシーに関するOracleからの情報は、 ここにあります。 (Oracleはこの情報を時々更新することに注意してください。)
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs296895