アーティクル - CS281533

LinuxでThingWorxが「ストレージアンカーブレークが見つかったため、機能応答を処理できません」というエラーで起動に失敗する

修正日: 08-Aug-2021   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • ThingWorx Platform 8.1 to 8.5
  • Linux
  • Apache Tomcat

説明

  • ThingWorxがインストール後に開始できない
  • /ThingworxStorage/logs/ApplicationLog.logのエラー:
[L:INFO] [O:ctsslLicensingSubsystem] [I:] [U:SuperUser] [S:] [T:localhost-startStop-1]入力タイプが一致しないため、トライアルライセンスファイルを読み取ることができません。有料ライセンスとしてロードしようとしています
[L:エラー] [O:ctsslLicensingSubsystem] [I:] [U:スーパーユーザー] [S:] [T:localhost-startStop-1] [メッセージ:ストレージアンカーブレークが見つかりました。]
[L:エラー] [O:ctsslLicensingSubsystem] [I:] [U:スーパーユーザー] [S:] [T:localhost-startStop-1] [メッセージ:入力タイプが一致しません。]
[L:エラー] [O:ctsslLicensingSubsystem] [I:] [U:スーパーユーザー] [S:] [T:localhost-startStop-1]無効なライセンスファイル:C:\ ThingworxPlatform \ license.bin
  • ThingWorxでライセンスモジュールファイルディレクトリを構成できる機能が必要です
  • Thingworxの新しいライセンスファイルを配置した後、ログにライセンスファイルが無効であることを示すエラーが表示されて起動に失敗します
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs281533